カメラマン

観光地はシーズンオフで、閑散とした倉敷=写真で散策

普通列車の旅が好きだ。途中下車が自由だし、距離によっては2日間、3日間と有効期限があるので、乗車券だけで2倍楽しめるからだ。
 広島から岡山に向かう。ふらり倉敷で降りてみた。観光地の倉敷は1年間を通して、観光客が訪れるものだと思い込んでいた。

 

 倉敷駅前から、商店街を通り、掘割が売り物の「美観地区」への人の流れが全くなかった。過去においては、行きかう人の流れで、ごく自然に倉敷川に出られた。今回は通りを間違え、案内板をみたり、地元の人に道を訊いたりしながら、遠回りしてやってきた。

 
 12月半ばだと、なぜこうも観光客がいないのか。不思議だった。冬の北海道や北陸など、雪国に観光客が奪われているのか。
 
 うるさい観光客がいなくて、のびのび川の情感が楽しめそうだ。


 日本酒の「地酒」ブームだが、人通りが途切れるし、昼間から飲み屋に入るひともいないようだ。店内には、客の気配がなさそうだ。

 こちらも昼間から酒を飲む趣味などないし、隣のそば屋に入った。これほど愛想の良い、観光地の飲食店はないと思えた。

 むろん、店内には他のお客は誰もいない。

 倉敷の美観地区でも、最大の撮影スポットである。川舟も動いていなければ、橋の上に時たましか、人がこない。犬を連れた、太ったおばさんがやってきた。

 近景で撮ると、良い絵にはならないだろう。

 この程度で、ちょうど良い。

 観光地に来て暇つぶしでもないが、コーヒーでも飲もうかな、と思った。この時に、若者のカップルが通りかかった。
 どうみても観光客ではないな。

 別段、観光客を撮影に来たわけじゃない。

 写真に若さが取りこめる、よい被写体だ。

「中橋」に近づいた。あの太った犬を連れたおばさんが再びやってきた。手前の欄干から身を出している。ずっーと止まっている。
 「撮影にはじゃまだな。絵にならないな」
 それでも、無人の写真よりも、良いか、と妥協してしまう。

続きを読む...

筑波山に登らずして、筑波宇宙センターへ=写真で散策

 私は夜型人間である。執筆は深夜行う。日が昇りはじめたら、「もう朝だ、寝なければ」という習慣が身についているから、急に早寝早起きはできないものだ。
 山が大好き人間だから、折をみて、登ろうとすると、現地の登山口に着くと昼前になってしまう。そうなると、登れる山は限られてくるし、おおかた低山である。
 
 明日は晴れだ。筑波に登ってみよう。
 その想いで、つくば駅にいた。駅前からつくば神社までバスだし、登山口に着けば、昼すぎてしまう。このところ、日没も早いし。
「これだと、山頂まで登っても、さして稜線歩きも楽しめないな」
 筑波学園都市は、文系人間にはおよそ縁がないところだ。そこで観光案内所に足を運んでみた。月曜日は殆どの施設が休館だという。
「そうか。月曜日だったか」
 このごろは曜日の感覚が薄れていたし、いまさら筑波山へ登るぞ、と気合を入れなおすには気怠い。
「筑波宇宙センターなら、きょうはやっていますよ」
 これまたバスの便が良くないという。

「元気に百歳クラブ」エッセイ教室の受講生で、時おり、宇宙のロマンを書かれる方がいる。その作品を思い浮かべて、「まあ、どんなところか、行ってみるか」と駅前で待たされたあげくの果てに、やっとバスに乗った。


 日本で最大規模の宇宙航空開発施設だという。入館したとたんに、宇宙の神秘に包まれた。これは思いがけない世界だった。
 「来てよかったな」という感慨があった。


 親子連れをみていると、子どもよりも、大人が楽しんでいる。

 宇宙は、大人のロマンかな、と思った。


 人間が地球から宇宙空間へ飛び立つ。ロケットの進化は限りなく続いている。それでも、全宇宙からすれば、ほんのわずかなのだろう。

 宇宙の先の宇宙はどこがエンドかな、と思うと、私にはとうてい理解できない。終わりがない先の終わり。そんなものがあるのかな? わからないな。


 筑波山に登るために、コンビニで弁当を買ってきていた。一般見学者も利用できる、安価な大食堂があった。そちらに足を向けると、巨大なロケットの側を通る。

「このロケットは本ものかな。張子かな」
 そんな疑問から、食堂に行く途中で、職員に聞いてみた。
「本ものです」
 一言返事だった。胸を張っていた。

 巨額な費用をかけて打ち上げられない、失敗作のロケットかな、と思ったりもした。
「実物だから、素直に見ておこう」

「スペースドーム」にもどってきた。ふたたびじっくり見つめる私の視線は、なぜかまず日本を注視する。隣はドイツ人だった。きっと自国を意識しているのだろうな、と一瞥(いちべつ)した


 人工衛星で、地球をみられる人はほんのわずかだ。だから、夢があるのだろうな。
「数百年先に通常の乗り物になれば?」
 新幹線に乗って、見慣れた車窓の景色などは、全く気にしない乗客と同じ類になるのかな。

 そこまで考えたりするのが、宇宙ロマンの魅力かもしれない


続きを読む...

紅葉の日比谷は憩いのステージ=写真で散策シリーズ


 日比谷交差点に立てば、銀杏の並木がお堀に映り、魅力ある心のステージが創れる。


                                 撮影日:2012年11月20日


 大都会の最も中心地で、一本の孤独な銀杏の樹が精いっぱい秋をかもし出している


 秋暮色の静寂なお堀が、忙しい都会人の足を止めさせる。

 そして、カメラを構えさせる。


 日比谷公園に入れば、喧騒とした車の流れとは無縁の世界で、

 だれもが心静かになれる。



 日比谷野外音楽堂は静かなり。

 芸術の秋に使われないなんて、もったいないな。

 


 秋はどこかもの悲しいけれど、恋を語れば、心は温かくなる。


続きを読む...

秋の箱根路を訪ねて=写真で散策シリーズ


 関東地方にも、紅葉の季節がやってきた。

 箱根は東京より西にあるけれど、海抜が約750mあるから、もう紅葉のシーズンだろう。

 箱根路を訪ねてみよう。

 富士山が見えるかな、という期待もあった。


                               撮影日:2012年11月15日


 新宿から小田原、箱根湯本、強羅へと電車を乗り継いでいくと

 昼前になってしまった。

 強羅から箱根登山ケーブルカーに乗る。

 ふり返ると、カメラを構える人が多かった。
 


 乗っている「箱根登山ケーブルカー」を撮ろう。

 それには最適なカーブミラーがプラットホームにある。


 早雲山に向かう、ロープウェーから眼下を見ると、

 紅葉の最盛期だった。

 山肌は黄赤に染まっている。


 山肌に噴煙があがる、大涌谷が見えてきた。

 わが家を出たのは7時半だったが、もう正午になった。

 空腹を名物・卵で満たそう

 そんな気持ちで、「大涌谷」で下車を決めた。


 大涌谷は外国人の方が目立った。

 欧米系と東南アジア系と、半々かな。

 フクシマ原発事故があったから、

 これでも今年は外国人は少ないのかな、と思ったりもした。


 ススキが高原・箱根の情景を作ってくれる。

 快晴の天候だが、時折、富士山の気流が悪戯して、

 雲が出てくる。

続きを読む...

秋深し、燃える紅葉の上野恩賜公園=写真で散策

 東京にも、紅葉の盛りになった。赤よりも、黄色で染め抜かれる。

 上野恩賜公園は銀杏が見ごろになっている。

                                     撮影:2102年11月14日


 路面の落ち葉が風に舞う。

 今夜から冷え込みが強まりそう。



 秋の情感は若いカップルのささやきからも得られる。


 上野駅から迷わず、公園へと進む。

 JRでも、京成でも、地下鉄でも、上野駅ならば、どの路線も近距離だ。

 

 上野恩賜公園には、晴れた日は必ず大道芸人がいる。それも楽しみの一つだ。

 東京都公認だから、だれもが妙技を見せてくれる。



 秋の日はつるべ落とし。

 傾いた陽光は路面にシルエットを造る



 夏を過ぎた噴水は、役目を終わったのか、まわりには誰も近寄ってこない。

続きを読む...

ある1日「出会った人、声をかけた人、通りすがりの人」=写真で散策

 昔は暴走族の頭だった。いまはサンショウウオの研究者です。

 風格は消えないものだな。



 母親に取材していたら、「子どもの写真を撮ってください」と言われた。

 わが子はかわいいんだな。実際に可愛い子だった。

 インタビューしていたら、猿がキスをする。

 「この子は焼きもちやきなんです。人間にも嫉妬するんです」

 人間も、類人猿だしな、と思ってしまった。



 女性の取材に応える、祭りの頭だ。

 「わっしょい」「セイヤー」の違いを語っていた。

 

 神妙に礼拝する人。願いごとは何か。

 「われは他力本願ではない。あくまでも、神を崇拝するものなり」


 手作りの神輿を担ぐ少年。

 こうした独創性、発想力はきっと将来は役立つだろうな。

 なにかと「いまの若い者は」という中高年にこそ、知らしめたいな。


 「勇気ある人だな」と感心させられた。

 なかなか初対面で言えないものだ。

 こちらが胸のリボンを見て、単に取材しただけなのに、

 「私は公職選挙法の違反に問われてしまい、区長の座を追われました」と話す。

 一度は数十万人の首長になった人だ。

続きを読む...

永く遺したい、日本美の建築・内装の魅力はここに=写真で観る

 東京の台東区と文京区にまたがる、谷中・根津・千駄木(通称・谷根千)は、戦前、戦後の風情を残す。とはいっても、町並みは新しく変化し、変貌してきている。『東京の下町の歴史と情緒にふれる』という名のもとに、観光化されているのが実態だ。

 あえて探さなければ、本ものの日本文化の風情や趣きは得ることはできにくい。外観からは古風な造りだなと探し当てても、建物に入って、内装までみることはできないのが常だろう。

 文豪たちが住んでいたころの建物の、内装を撮影できる機会が得られた。

 日本の建築美の最も輝く場所は、床の間である。

 畳の間を飾る、「座敷飾り」だが、掛け軸や活けた花などを飾る。

 客人が来れば、床の間を背にして座ってもらう。

 こうした礼儀作法が、幼い頃から躾けられていた時代があったのだ。

 座敷と座敷との間を通り抜けるには、家人ばかりでない。

 表から裏へと風が通り抜ける。その先には、手入れの良い内庭の景色も見通せる。

 茶室の小さな庭には、石灯籠と手水鉢がある。

 茶事の前に、客人が手を水で洗い、心身を清めるところ。

 和の趣きがたっぷり伝わる。

 茶室から見る、庭には奥深い風情がある。

 茶庭は左右と前後の配置にも、無駄がなく、眺めるほどに心静かな心になれた。

 「奥座敷へどうぞ」
 この廊下の空間が、日本人の心に適している。
 洋間だとドアで仕切られた、隣りあわせ。

 和室には部屋から部屋へと静かに歩みながら、精神の心構えと空間のゆとりが生まれる。

 

 欄間と天井が竹細工である。渋い。しかし、妙に新しさもある。

 竹は歳月がたつほど艶やかになる。

 こうした竹のしなやかな味わいを取り入れた、日本の古来の伝統美が生かされている


続きを読む...

戦前・戦後にあった日本美の家庭内小物=写真で観る

 私は、写真に人物を入れて撮る。なぜならば、人間がもっと感動するのが人間だから。
 千駄木のある旧家の茶室を訪ねた。
 そこには素晴らしい、一昔前の小道具があった。懐かしくもあり、手にも触れたくもなる。せめて、写真で残そうと思った。
 遺産的な撮影となると、人物は却っておかなくとも、小物自体に渋い表情がある。そう判断し、今回はいっさい人物を配していない。

茶室のお茶道具です。戦前の東京大空襲にも、焼けずに残った、貴重な道具です。



 価値ある茶器が入っていることでしょう。


 現在でも、冬場の茶室では、利用しているようです。

 火鉢に手を添えて、団らんをする。一昔前の日本の風景として、どこにもあったのですが。

 除虫菊から取れた、蚊取り線香で、蚊を追い払う。

 現在のような、科学的な薬剤の噴射よりも、なにかしら身体に安心。そんな感じがします。



 大家族時代は、一つ屋根の下で暮らす。廊下は暖簾で仕切られている。こうして、祖父母、夫婦、若夫婦、子どもたち、と住居区分がなされていました。
 

 竹囲いの一輪挿し。風情がありますね。


続きを読む...

夏の夜の涼味を求めて(浅草、神楽坂、赤坂)=写真散策シリーズ

 夏の夜は蒸し暑く、クーラー病にもなりやすい。納涼のイベントはあちらこちらで行われている。足を運ぶと、涼感が得られるものだ。

 東京・下町に住むものとしては、浅草などは身近な存在である。

 地下鉄・浅草駅を降りると、目の前が真っ赤な橋で有名な・吾妻橋である。

 ライトアップされているし、それらの光が隅田川の川面に映り、きらめく。

 隅田川に架かる橋として、最も絶景の一つだろう

 吾妻橋から、視線を左手にすると、アサヒビールの屋上の雲形(名まえは?)があり、そして東京スカイツリーだ。
 
 夏には灯籠流しも行われている。(かなり混み合うし、河岸に近寄れないので、行事がない日の浅草の夜のほうが、むしろお勧めだ。

 隅田川からお台場への船旅も楽しめる。屋形船からの夜景などと、バリエーションは多い。
 

  


 東京スカイツリーは、もはや定番になりすぎたし、さして写真で撮る価値もあまりなさそう。

 でも、ほぼ真下まで行って、撮っておくかな。

 ふだん東京に来る機会が少ない方は、吾妻橋を渡り、スカイツーまで、夜の散策も味があるだろう。下町だけに、閑散としているけれど。

 神楽坂の阿波踊り大会は、楽しい。各地から、数多くの団体が来る。
 
 他地区の阿波踊り大会は、人垣を超えて、背伸びしてみる感じが多い。神楽坂では、路肩に腰を下ろすカップルたちも、短時間に移動するから、場所取の苦労はない。すぐまじかで見られる。


 阿波踊り特有のに、個人の妙技が愉しませてくれる。

 笛、太鼓、三味線の軽妙なリズムで、熱気が一段と高まる。


 子どもたちも真剣なまなざしで参加している。

 神楽坂の阿波踊りは、子どもたちの参加比率が随分高いように思える。

 三味、太鼓、これは神楽坂芸者の伝統。だから、子どもたちも習い事として、身につけているのだろう。


 お姉さんの踊りを観ていると、「踊る阿呆に、見る阿呆、おなじアホなら、踊らにゃ損々」とまさに踊る阿呆をエンジョイしている。

 きっと普段の性格も明るいのだろう、な。




 神楽坂の老舗の店が、店頭で屋台を出している。

 近くでビールを買い、屋台でつまみを求めてから、阿波踊り見物は妙にオツである。

  他人を楽しませる技をもっている。
  根からの芸人の素養があるのだろう。

  参加団体を見ると、厚生病院とか、区役所とか、世間では固い仕事といわれるチームがことのほか多い。
 
  この方も、素顔は案外、固いかもしれない。


 東京ミッドタウンのキャンドルナイトは「 ~星にねがいを~」がテーマだった。

 キャンドル一つひとつに、着火マンで灯りをつけていく。見ている方が、大変だな、と思ってしまう。

 東京ミッドタウンのテラスでは、テープルにキャンドをつけてくれる。

 静かな夜を過ごせる。

  日没とともに、キャンドルが浮き上がってくる。

 テーマ「~星にねがいを~」がしっかり伝わってくる。

 夜の納涼は花火もあれば、祭りもあるし、盆踊り大会もある、あちらこちらで愉しめる。
 クーラーのきいたTV観戦から、戸外に出てみよう。思いもかけない発見があるものだ。


美しき日本舞踊を魅せます・第8回「さつき会」=東京・品川 (1)

 舞踊教室さつき会は13年目を迎えた。第8回「さつき会」が7月1日、東京・品川の「きゅうりあん小ホール」で開催された。
 舞台経験者は10年以上から、初めての踊り手までと幅広く、日ごろの練習の成果をいかんなく発揮された。今回は尾上菊礼さんが賛助出演し、韓国舞踊の李花子さんも友情出演した。


 カメラマンの私は、舞台の踊り手の顔の表情、手足の動き、さらには衣裳の美しさとライトアップとの兼ね合いを狙ってみた。出演者全員の舞踊の幻想空間も表現してみた。
                                         撮影:穂高健一


      深町麻子   大和楽:おせん

美人で有名だった、おせんの夕涼みの様子。
夕暮れの情景のなかに、踊り手の濃艶さがあふれる、深町さんは女優です。


      尾上はる      常磐津:三ツ面子守

子どもをあやすために、オカメ 、えびす、ひょっとこの面をかぶって踊り分ける。難曲です。      


       尾上はる      常磐津:三ツ面子守


       松本美智子   長唄:藤娘


有名な長唄です。藤の精が藤の枝を持ち、華やかに舞います。 

       李花子     韓国舞踊:関良舞(ハンリャンム)

韓国の舞踊の先生です。友情出演してくださいました。 


       藤波大     長唄:老松

長唄の代表的なご祝儀曲です。男性の黒紋付き、はかま姿はとても良いですね。
           
 

続きを読む...