ジャーナリスト

記念講演のタイトルは、「脳を創り、脳を耕す」=日立目白クラブに於いて

「元気に百歳クラブ」(中西成美会長)の秋の例会が、10月10日(木)午後12時から、東京・新宿区の日立目白クラブで開催された。創立記念日と兼ねた、クラブ誌「元気に百歳」(夢工房・A5判278頁 定価1,200円+税)の出版記念を行う。今年は14回記念で、会約70人が参加した。

 記念公演は第1回から外部の著名人を招いている。中西会長から、「会員からも講演をお願いしたい」と私に依頼があった。私は同クラブのエッセイ教室の講師を7年余り受け持っている。

 中西会長との事前の打ち合わせで、「年齢を超えた、柔軟な、若々しい脳を如何につくるか」という内容のすり合わせがあった。「元気に百歳」は、身体も心も脳も活発で、元気で100歳まで生きてこそ値打ちがある、それがモットーである。寝たきりや、植物人間で100歳まで生きるのでなく、元気にが強調されている。そこで、演目は『脳を創り、脳を耕す』(プロ作家がその秘訣を語る)に決まった。

 会場の「日立目白クラブ」は旧宮内省が1928(昭和3)年に学習院高等科の生徒寄宿舎として、建設した。52年に日立製作所が譲り受け、社員の結婚式場などに使っている。建物は白亜の外観である。内部は重厚な作りで、白い壁と縦長のアーチ窓が特徴である。東京都の都選定歴史的建造物である。

『脳を創り、脳を耕す』は固いタイトルだ。笑いを取ってからテーマに入る。スピーチ技法は無視し、いきなり核心から入りことに決めた。
「私は脳の生理学者でもないし、脳細胞の関連知識はなどない」
 と前置きしてから、一般に、加齢とともに、物事にたいして柔軟な対応が弱くなり、従来からの考え方に拘泥し、進歩的なものに批判的になり、保守的になります。頭は固く、頑固で、融通が利かないのが常です。

 作家は一般に年老いても頭が柔らかく、ボケが最も少ない職業だと言われています。(病的なものは除く)。作家は好奇心が強く、物事の本質を突き止めるために、疑ってみるからです。

 事例として殺人事件を出した。

続きを読む...

世界最大のノコギリ楽器の美しい旋律に、聴衆は酔う=東京・西新井

 のこぎりキング下田(本名・下田尚保)さんは世界最大のノコギリ楽器をつかった、卓越した演奏家である。10月6日(日)、東京・西新井文化ホールで、第8回「のこぎり音楽チャリティー・コンサート」を開催した。親しみのある21曲で、約700人の聴衆を魅了した。

 スペシャル・ゲストは楠堂浩己とFinest Jazz Menで、最初の曲「ザッツ・ア・プレンティ」を奏でながら、会場を華やかに盛り上げた。司会はTVアナウンサーの堀江慶子さんで、明るい口調で、のこぎりキング下田さんを舞台に招き入れた。

 日本の代表的な童謡・歌曲「月の沙漠」、「里の秋」などで、すぐさま聴衆の心をしっかりつかむ。 さらには明治40年に誕生した、「更けゆく秋の夜~」 で始まる「旅愁」へとつづく。
 ノコギリは大小4種で、曲によって使い分けられる。その一つはノコギリの先端・取っ手に鹿の角が使われていた。

 司会の堀江さんから、各曲目の紹介が入る。「千の風になって」では、USAで話題となった詩『Do not stand at my grave and weep』を2001年に、新井満さんが日本語に訳し、自ら曲を付け、 秋川雅史さんが歌って大ヒットした、と語る。

 聴衆の一人・豊島区の滝口さん(57歳・女性)は、「千の風になっては、ノコギリ楽器にとても似合った曲ですね。心に響きました」と、第1部の終了後に、感想を述べてくれた。


 のこぎりキング下田さんは、東京都公認ヘブンアーティストで、国内の演奏活動は幅広い。豪華客船「にっぽん丸」「ぱしふぃっくびいなす」のクルーズの演奏、浅草東洋館で隔月レギュラー出演している。さらにフランス・パリなど海外公演の実績を持つ国際派アーティストである。

 下田さんの曲の合間に、ヴォーカリストの絵馬優子さんが特別出演し、美声を会場に響かせた。

続きを読む...

特定秘密保護法はほんとうに必要なの? 

 阿部政権がいま推し進める「特定秘密保護法」は、運用によっては暗い日本に逆戻りする、と危惧する。このさき将来を見据えると、肌寒い思いだ。


 ときの権力者はつねに体制の維持に努める。一方で、体制を変えようとする、いろいろな考えや動きが底流で起きてくる。
 体制を維持しようとする側は、さまざまな法律や規制をつくり、現状をかたくなに守ろうとする。その法律を作る人(国会)と、運用する人は当然ながら違う。

 法をつくる目的と、運用する段階の人も違えば、認識も違ってくる。だから、法の解釈は政府の都合よい方向に変わったりする。政府ばかりか、個人の運用がとてつもない方向に進むことがある。


 まず「個人情報保護法」を考えてみたい。メディアが興味半分で政治家たちの私生活を暴露していた。ときには報道の自由を根拠として。政治家たちは頭にきていた。暴露メディアを規制する目的だった。
 政治家が自分たちのためにつくった法律だったから、罰則などない。

 それがいまや個人生活レベルまで下りてきて、学校の同級生名簿、会員名簿作成までも、掲載者の承諾なしで作れば、罪だと思っている人がいる。個人情報保護を口にする人がやたら多い。
 身近な所でも、このように拡大解釈がなされているのだ。

 いま検討されている「特定秘密保護法」は、最高10年の懲役刑だという。

 国家公務員が身内にいる人たちは、逮捕状を持った官憲がいつわが家に押し掛けてこないか、と妙にビクビクする、落ち着かない世のなかになるだろう。
 それはなぜか。情報の漏えいは当人の意識だけでなく、無意識でも起こり得るからだ。

 悪意ある人物(ハッカー)が、公務員のパソコンに侵入し、国の情報を持ち出せばどうなるのか。当然ながら、担当する公務員らにはみずから外部に情報提供をなした、と嫌疑がかけられるはずだ。

 犯罪者扱いされた公務員が、
「身に覚えがありません。そんなことはやっていません」
 と口で弁明しても、
「外部に流れた、証拠は挙がっているんだ」
 と簡単には覆(くつが)えせず、言い訳だと信じてもらえないだろう。
「無実を証明」するのは逆に難しい。

 パソコンによる、えん罪はいつでも起こり得る。
 ここをしっかり押さえておかないと、「特定秘密保護法」が戦前の治安維持法なみに名だる悪法になる可能性がある。

続きを読む...

浅草ストーリーを創る人びと=春川ひろし

 東京・浅草では著名なアーチスト・春川ひろしさんを中心とした、「春川ひろしと童謡デキシーランダース」がこのたびHPを立ち上げました。素晴らしい内容です。

 先立つこと、制作会社の方から、穂高健一が2010年1月22日に「PJニュース」に掲載した、『浅草ストーリーを創る人びと=春川ひろし』(上)(中)(下)の3回掲載を転載したいけれど、リンクができない、なにかしら方法はないでしょうか、と相談を受けた。

 PJニュースはすでにサイトが閉鎖されている。「春川さんが 保存してある同記事のコピーを、ホームページに掲載したい」という趣旨だった。


 さかのぼること、「PJニュース」はライブドアのホリエモンが誕生の親です。「将来、多くの人がニュースを新聞・TVよりも、ネットで見る時代になる」と予見し、PJ(パブリック・ジャーナリスト)ニュースをスタートさせました。多くの人はまさか、新聞・テレビ以上になるなんて、と疑いました。

 いまでは新聞社までも、ネット・ニュースを併用しています。ホリエモンの先見性には驚かされるばかりです。私はその初期から、ホリエモンの失脚、ライブドアがPJニュースから手を引くまで、記者活動を展開してきました。約800本ほど書きました。

 ホリエモンが刑務所から出所した後、彼は正式にライブドアと縁が切れた。と同時に、PJニュースが消滅し、ライブドア・サーバーからも一切合財が消えてしまった。あれだけの膨大な貴重なニュースが見られず、残念だった。

 ただ、今回の春川さんのように、記事をPDFで残されている方もあるようだ。それには感心させらた。 データーがあれば、社会に再登場せることは可能だ。

 著作権はPJニュースが存続していれば、正式に提供できたはず。(当時は、積極的に転載もしていた)。現況となれば、著者の私の判断で、春川さんのホームページに『著者・穂高健一氏の掲載許諾済み』と一か所明記して頂ければ、差支えない、というい見解を示した。

「春川ひろしと童謡デキシーランダース」はとても良い店です。浅草ではお勧めです。住民とバンドマンとフリーの見知らぬお客どうしが楽しめる素敵な雰囲気です。
 童謡が好きな親子がジャズで歌う。そこには微笑ましさもあります。


関連情報

「春川ひろしと童謡デキシーランダース」

『浅草ストーリーを創る人びと=春川ひろし』(上)(中)(下)

心優しく、絵心で、明日をめざす=柏木照美さん

 2013年の梅雨明けが予想よりも早く、連日の猛暑だった。
 7月8日には、東京銀座1丁目のBartok Gallary(バートック・ギャラリー)で開催された、『紙芝居塾7期終了展』に出向いた。午後2時ころだった。地下鉄から会場まで、直射日光の暑さで、胸や背中に汗が流れ出るのがわかるほどだった。
「こんな猛暑の昼間ですから、お客さんはいらっしていません」
 案内状をもらった柏木照美さんが出迎えてくれた。梅雨入りしたばかりの猛暑日は、たしかに出かける人は少ないだろうし、ギャラリーが独り占めできた。


 出品者は10人の展示会で、手作りの創作紙芝居だった。柏木さんの作品は、『おいしい紅茶の入れ方』で8枚の絵だった。
 彼女に頼めば、仲間内のどの紙芝居でも披露してくれる。

『ほこらの龍』(ひぐちりかこ作)を頼んでみた。池に住む龍と村人と、あつれきと交流を描いた、心温かい内容の作品だった。柏木さんの口調はやさしく、擬人法の龍に感情移入できた。
(童心にもどれたのは何十年ぶりだろう)
 たまには童心に帰って、素直に楽しむのは良いものだ。

「私はナイーブなアートを目指しています」
 淡い色合いの作品に特徴がある。それだけに、彼女は「上野現代童画展」にも何度も入選している。

 紙芝居を始めた動機について訊いてみた。「会場は紙芝居と絵画の展示も行っています。私が最初に出品したのは 宮沢賢治の童話『銀河鉄道の夜』を模した絵でした。それをみたギャラリーの女性オーナのジェイン・トビイシさんが、紙芝居を勧めてくれたのです」
 それから毎年出品しているという。物語の創作(ストーリー)、それに紙芝居の絵と、双方に才能が発揮できるので、彼女には向いていたようだ。

 8月には16人による『ありがとうがいっぱいサニー10歳記念展』(江東区・ギャラリーコピス)にも、作品を出品する。作品の売上の一部は東日本大震災チャリティーとして寄付される。

 柏木さんには、絵画とは別の顔がある。13年3月、「日本紅茶協会認定ティーインストラクター」のジュニア資格を習得した。1年間はしっかり勉強して習得したという。次回はおいしい紅茶を入れてもらい、紙芝居を楽しみたいものだ。

大阪も水没するのか。南海トラフで、JR大阪駅には津波が最大5m

「あすは、わが身」
 それが災害列島に住む人間の心構えである。
 大阪の市民は、大地震が来たら、津波を警戒して、地下鉄から逃げた方がいい。私たちは東北と関係ないと思ったら、危ない。


 「南海トラフ巨大地震」で3・11なみの地震規模のマグニチュード9・1が発生すれば、約2時間後には大阪湾が大津波に襲われる、と大阪府は公式に発表した。さきの中間想定の見直しを図ったものだ。

 津波が到達した後、JR大阪駅(北区)など市西部一帯は深さ最大5メートルで水没するという。

 大阪中心部は地下鉄網が発達している。地上が水没すれば、当然ながら、地下に浸水する。津波に襲われたら、地下からは強力な海水の水圧で逃げ切れない。地下街も、地下鉄も水没する。ここまで具体的に発表していないが、簡単に想像がつく。


 一部報道によれば、松井一郎知事は8日の記者会見で、「厳しい想定だが、被害が起きてから『想定外だった』と言い訳することはあってはならない。堤防崩壊を防ぐ強化工事などに力を注ぎたい」と述べている。内心は、地下街、地下鉄の水没など、脳裏に浮かべた発言だろう。

 行政は地下鉄浸水など最大のリスクを明瞭に言わない。これはある種の危機管理の欠如である。

 危険と危機との違いを知ろう。

 危険とは、まったく想定をしておらず、突然、危ない目に遭うことである。
 危機とは、システムの欠陥から、危ない目に遭うことである。行政が明瞭に予測しない地下浸水はシステムの欠陥である。


 穂高健一著『海は憎まず』でも、東北地方で行政が定めた「広域避難所」が低地すぎて、大勢の人が死んでいる、と被災地の事例を取り上げている。行政の方々も多く亡くなっているから、一概に批判もできない。だが、この経験は生かさなければならない。
 同書では、大都会が津波に襲われた場合の、地下鉄の危険性なども取り上げている。

続きを読む...

高校生の教科書から「漢字」を学ぶ=書宗院展

 第57回「書宗院展」が東京銀座画廊美術館の7階で開催された。最終日の7月28日に展示会に出かけた。書家・吉田翠洋(本名・吉田年男)さんの作品が出展されていた。

 書宗院展は古典の書を手本にした、書道である。歴史に名を成す大家に、より近づこうとするものだ。展示品は、たとえ模したにしても、古代から現代まで、名家の書を見られるのが特徴だ。今年は高校生の部の出品があり、制服姿の男女生徒らも会場で作品を観ていた。

 「書聖なる王義之らの生きた時代に思いを巡らし、その息子・『王献之尺牘』の書を出展しました」と吉田さんは語る。


 吉田さんから会場で、興味深い話を聞くことができた。

「楷書があって崩し文字が生れた、と多くの人が信じていますが、それは逆なんです。紀元前1300年ころの甲骨文(こうこつぶん)から、文字は始まっているのです」
 甲骨文を含めた篆書(てんしょ)、そして草書(そうしょ)、行書(ぎょうしょ)、楷書(かいしょ)の五書体が順次生れた、と話す。

 それが2013年度の高校教科書(書道)に出ているという。その実、吉田さんは教え子が書道教室にその教科書を持ち込んでいたので、それを見て知ったと話す。

 吉田さんは一つひとつ解説し、丁寧に教えてくれた。

「篆書」ということば自体はふだん聞きなれない。中国で生まれた最も古い書体で、甲骨文、金文(きんぶん)、小篆(しょうてん)を含めているという。秦の始皇帝時代に確立している。

 左右相称で曲線が多い。ただ、書写には時間がかかる そこで簡素化して前漢時代に隷書(れいしょ)が出現した。躍動感があふれる、動的な美しさだという。

 次に生まれたのが、日常の手紙などの早や書き用として、「草書」である。それは前漢の時代だった。「行書」は後漢に表れはじめた。双方とも、実用的に文字として発達してきたのだ。

「楷書」の兆候は早くにあったが、長い歳月をかけ、合理的な文字として、唐の時代に完成した。それが現代まで続いている。その後には新しい書体が生まれていない。
「明の時代、新の時代にはりっぱな書家はいるが、現在と同じです」と吉田さんは教えてくれた。

 こうした一連の記載が高校教科書(書道)に載っている。教科書からも、学ぶものも多いな、という思いを持った。


原発安全神話のメッキは3・11前から剥がれていた②=浪江町

 郷土史家(男性・70歳前半)は、4日間も妻と娘とともに過ごし、1時間当たり55マイクロシーベルト)の高濃度の放射能に晒(さら)し続けてきたのだ。
「いま思い起こせば、3・11の事故前から、東電が強調してきた『原発安全神話』のメッキが微妙に剥がれかけていました」と史家は話す。
 史家は町の行政一筋の人物だけに、それらをリアルに語ってくれた。
 


 スリーマイル島の原発事故、チェルノブイリ原発事故が発生した。浪江町の住民は疑問を持ちはじめ、「東電の安全神話はどうなのかね」と口々に話題に出すようになった。東電と住民(町役場)との対話の場では、そんな内容の質問も出た。

『チェノブイリも、スリーマイル島も、事故を起こしたのは加圧式原子炉です。私たちの福島第一原発は沸騰水型軽水炉です。原子炉の本体は30~40センチの厚い鋼鉄製です。それを1メートルのコンクリートが取り囲み、さらに原子炉の建屋自体もコンクリートが1メートルの厚みがあります。加圧式は危ないが、大熊(原発の地名)は形式が違うし、大丈夫です』
 沸騰型は安全だと強調する。万が一のことがあっても、放射能が外部に流れ出すことは一切ない。
「原発の煙突から、放射能は出ないのか」
 史家がそう質問した。
『煙突と言わないでください。あれは排気塔です』

 原発稼働から歳月が経つと、東電は廃炉の期間(耐用年数)を先延ばしにしてきた。完全無比の安全神話の姿勢が少しずつ変わってきた。
『微量の核物質は排気塔から出ますが、微粒子の核物質です。空気中に拡散し、希釈しており、人体には影響はありません』
 東電は微小の放射能流出の発言に変わったのだ。

 しかし、東電の力(支配力)は強い。住民には雇用、税、補助金の面でメリットを受けている。東電の支配力は強烈で、微粒子ていどで、原発の廃炉を叫ぶ者はいなかった。そういう空気でもなかった。

 むしろ、浪江町の町役場は、微粒子問題が内在していても、東電が強調する安全神話を信じ、住宅開発を推し進めた。「原発は安全です」と町自体がPRを行っていた。
 浪江町は他の地区に比べても、公共設備(上下水道、病院など)や、生活環境が優れている。税の優遇もあるし、住み心地の良い町だ、と宅地開発は完成に向けて突っ走っていた。町の景気は上昇中だった。その矢先に、原発大事故が起きたのだ。

続きを読む...

かつしか区民記者・養成講座②=インタビューの実践ポイント

 かつしか区民大学の区民記者養成講座で、「書く」、「撮る」、「取材」の仕方を座学と実践で教えている。
 大手新聞は狭い地域の記事となると、内容が限られてくる。しかし、市民記者による、市民の媒体ならば、記事に厚みが出る。しっかり読んでもらえる。
 それだけに市民記者の取材力、インタビュー力は重要である。

 区民記者の養成講座では、課外活動として、インタビューの実践活動を行った。

 記者経験のない市民が、突如として手帳やカメラを持って、見も知らずの人に声をかけて呼び止める。あるいは著名な人に話を聞くのは「勇気」がいる。話しかけられなければ、なにも進まない。
 インタビュアの最大の資質は、「勇気」だといえる。これを前提にした上で、基礎的な知識を会得し、技術的なインタビューの実践を行った。

インタビューのポイント


① 最初に自己紹介をする。ノートとカメラはあえて見えるようにすると、信用度が高まる。

「私は葛飾区民大学(記者養成講座)の受講生です。きょうのイベントを取材しています。お話を少し訊かせていただけますか」


② 取材の冒頭から拒否された場合は、

 不快感を示さない。「ありがとうございます」と礼節をみせる。


③「どこで発表するんですか」という質問に対して、

  「区民大学の教材です。まだ勉強中ですから」と即答する。

 ・ メモを取りながら、話を聞く。

 ・ 常に聞き手だという態度を貫く。


③ 記者が知っている内容でも、初めて聞いた態度で接する。記者は自分の知識を話したり、関連内容や私事を語ったりしない。


④ 論争はゼッタイにしない。相手の話の腰を折らない。

⑤『質問』は相手が応えやすい、数字で応える質問から入る

 ・このイベントに来たのは何回目ですか

 ・どこで、このイベントを知りましたか

 ・いまご覧なった範囲内で、一番関心を持たれたものは何ですか。


⑥「はい、いいえ」の答えになる質問は、後が続かなくなる。


⑦ 取材する相手のプライベート情報は、極力後ろ倒しにする

 ・どちらからお越しになったのですか

 ・差支えなければ、お名前を聞かせていただけますか。

 ・ご年齢は、何歳でしょうか
 

続きを読む...

第9回「さつき会」の舞踊発表が大盛況=日本舞踊

 6月29日、品川区大井町の「きゅうりあん小ホール」で、元宝塚歌劇団の人気男優・尾上五月さんが主催する、第9回「さつき会」が開催された。五月さんが指導する生徒さんたちの発表会だ。出演者のだれもが、真剣そのもので、華やかで見応えがある踊りを披露していた。

 遡ること11年前に、同門・尾上流の尾上菊礼さんと五月さんが一緒に始めた「ゆたか会」がスタートだった。3回続いた。
 その後、あらためて「さつき会」が独立発足し、毎年、9年にわたり連続で開催されてきた。

 第1部は、長唄『宝船』からはじまり、14番目はこれも長唄『胡蝶』の西川松祐矢・尾上はるである。15分休憩の後、第2部となり、長唄『老松』川辺順子から、14番目の清元「玉屋」尾上五月まで。合計28の演目が行われた。
 開演は12時で、閉幕は17時過ぎで、5時間に及ぶ。長唄、清元、端唄、常磐津、大和楽、萩江と多種多彩だ。衣裳も素晴らしい。

 実に、5時間タップリ日本舞踊を堪能できた。
「これで無料でいいのかな」
 そんな想いだった。

 閉幕すると、朝日カルチャーセンターの石井勉社長の顔が目に入った。私が会場2階で、カメラをたたんでいると、石井さんが側に来てくれた。ふたりはある意味で飲み仲間だ。「いっぱい飲んでいきましょう」と一言でまとまる。

 五月さんと、私が唯一顔見知りの天沼佐知恵さん(写真・左)と、石井社長(写真・右)の記念写真を撮ってから、大井町の赤ちょうちんで安酒を飲んだ。
 7/17(水)14時から、朝日カルチャー千葉主催で『下町立石を歩く、撮る、語る』がある。スタートは京成立石で、2時間の散策、1時間の講演を、大衆酒場で予定している。

 石井さんも、轡田隆史さん(元朝日新聞論説委員)も参加する。どんな話になるやら。それも大井町の安酒場の酒の肴になった。
 

 28演目は近日中にこのHPで、写真で紹介していきます。愉しめる、ビジュアルな日本舞踊を表現してみます。期待してください。