カメラマン

子どもらの関心は、花ショウブよりもこっち?=小岩菖蒲園(東京・江戸川区)

梅雨の切れ間に、花ショウブが花魁(おいらん)に似た華麗(かれい)な姿で咲きほこる。人びとの心をなごましてくれる。

 江戸川・河川敷の小岩菖蒲園は広くて、ゆったり、花ショウブが観賞できる。

 広大な敷地だが、入園料はなし。無料だから、近在の子どもたちが遊びにやってくる。

 カメラで追ってみた。


「なにがあるの? なにが採れるの」

 大人たちは、夢中になっている子どもたちが、妙に気になるらしい。


「これみて。ザリガニだよ。知ってる?」

 少年は、魚網のなかをみせてくれる。

「うちらも、子どもの頃、よく採って遊んだわよね」
 

 大人はすぐさま立ち去る。

 「花、そんなの関心ないね」

 子どもたちは、懸命に小魚やザリガニを追う。

 目のまえに咲く花ショウブなど、まったく目もくれない。

「ほら、見てごらん。花ショウブがいっぱいだよ」

 父親がベビーに見せている。

 むしろ、怖がっている。


 


 この菖蒲園はどこにあるの。

 京成電車がすぐそばを走っています。

 車窓からも、ちらっと見えます。


 下車して観賞してみるのも方法です。

 最寄駅は、『京成・江戸川』です。単純なだけに要注意。

 『小岩菖蒲園』だから、JR小岩駅などで降りたら、とてつもなく歩きますよ。
 



 多種多様な花ショウブが咲いています。

 ほとんどのカメラマンは、こんなふうに図鑑的に撮影しています。


 類似的な写真は面白くないですよね。



 ぼくは花なんか、まったく関係ないよ。


 採れた獲物の数さ。



 私も、そうよ。


 きょうはもっと採れるかしら。



 姉が弟を肩車する。

 現代では、まず見かけない貴重なショットです。

続きを読む...

アート・フリーマーケットは人と人のふれあい=(写真で見る)いろいろな顔

 船橋市の谷津には、アートフリーマーケットの会場があった。

 そこには微笑み、優しさ、素朴な顔がある。

 カメラで表情を写し撮ってみた。

 京成・谷津駅を出ると、すぐさま軽妙な懐かしい音楽が聞こえてきた。

 イベントの一つ、路上ライブだ。

 軽音楽を聴いて楽しんでいるひと、熱心に演奏するひと、リズムと歌が双方を結んでいた。



 路上を利用したお店が開かれている。

 品物を売るひと買うひと、ともに心のふれ合いがある。

 

 若い女性たちも、街角に出店している。

 仲間と気長に、お客を待っている。

 楽しい想い出になるのだろうね。


 選ぶ楽しさがある。

 衣類などが、ふたたび利用される。

 江戸時代から、日本人は物品を大切に再利用してきた。

 その伝統をみることができる。


 売り手が親切に、品物を説明してくれる。

 それが心と心のつながりで、じつに楽しい。


 いまは開花の盛り。

 買う前まえに、まず育て方の説明かな。



 ベビー連れの母親は、一休み。

 子供服はけっこう高いんだよね。

 フリーマーケットは、大切なところ。


 売り手の笑顔が、とても良い。

 均一な表情のスーパーマーケットとはちがう。

 笑顔は銭・金じゃないよね。


 街は色あざやかな花で飾られる。

 いい雰囲気をかもしだして、街全体が華やかになる。

続きを読む...

ゆりカモメの大群が浜名湖で乱舞=カメラマンは歓喜

 ローカル線の旅は、事前情報などない方がよいに決まっている。現地の人に見どころを聞けば、大半がお寺が多い。あるいはそば処などだ。つまらないな。
「他には?」
「ゆりかもめの大群が見られますよ。天龍浜名湖線では、そんなものくらいですかね」
 地元の女性からの、その一言で、
「ほかに見るところがなければ、そこに行ってみようか。決めた」


※ 写真の上で、左クリックすると、ゆりかもめの豪快な乱舞が『動画で』ごらんになれます。



 東京・新橋駅から都営「ゆりかごめ」が出ている。

 そんなイメージで、わずかな飛来だと思っていたら、まさにすごい大群だ。


 天浜線「浜名湖佐久米駅」で、地元の寿司屋の笹田順嗣さんが17年間にわたり、パン屑で餌づけしてきた。

 午前中の1回(上り下りの電車を被写体にしてくれる)。

 午後も同様に1回だ。

 つまり、1日4回は電車を被写体にできる。そんな配慮をしている。
 

 ゆりかもめはシベリアで産卵して、そして日本にやってくる。

 毎年、最初の飛来は10/27-8日ころで、15羽ていど浜名湖にやってくる。

 そして、30羽になり、さらに50羽になり、毎日増えていく。


 子ども羽根は茶色く、線が入っている。

 ゆりかごめの寿命は9年くらいで、年老いてくると、足の色が赤黒くなってくる。



 餌づけをはじめてから、11年目、さかのぼること6年まえから、警戒心がなくなり、頭に止まるようになった。

 きっと、全国でも、ゆりかご目が人間の頭の上に止まるのは、ここだけだろう、と笹田さんは話す。


 糞もよく落すから、一張羅(いっちょうらい)は着ていかない方が良い。

続きを読む...

S-NTK LIVE  踊る美の饗宴(3)=元宝塚歌劇団員と日大演劇学科出身


「S-NTK」の『S』は、なんだろう。

さんざん首を傾げれば、SHINAGAWAの略字だって。

 ローマ字をよく読めば、品川区の頭文字だって


 「薔薇をそっと、あなたにさしあげたい。心とともに、受け取ってちょうだい」

 日舞と、小説しか、こんな表現はできないだろうな。



 時代小説の「お姐さん」という感じ。


 大川(隅田川)筋の座敷が似合うな。


 「S」の品川は、宿場か砲台かのイメージだしな。


 やっぱり、浅草の座敷からお呼びがかかった方が、お姐さんが栄えるよね。


 殺陣(たて)は、瞬間の妙技。


 どっちが斬ったの?

 相討ちじゃないよね。


 応援している方(武士)が、負けちゃった。

 斬られプリが好いね。



 商家の若奥様の雰囲気かな

続きを読む...

S-NTK LIVE  踊る美の饗宴(2)=元宝塚歌劇団員と日大演劇学科出身


「S-NTK LIVE」のリハーサルが、2/12に、品川区のスクエア荏原イベントホールで19時半から開催された。


 写真イメージから、キャプションをつけてみた。

 「快活に踊る、魅せる」プロフェッショナルたち。



「優美」そして「優雅」さから、気品を感じる


 秋田音頭で、愉快に踊る。観客は心が踊る。

 人生はこんな風にたのしまなくては、だめだよ。

 わかっているわよね。



 いやいや、舞台から飛び降りて、踊っている。

 月並みなことばだが、まさに「目と鼻の先」で、踊り手の表情が捉えられる。


 小説の創作では、「小道具の使い方」の上手・下手が問われる。

 日舞も、その巧さが踊りのチーム・ワークになるようだ。


 ただ、美しさにウットリするだけだね。

続きを読む...

S-NTK LIVE  踊る美の饗宴(1)=元宝塚歌劇団員と日大演劇学科出身


「S-NTK LIVE」が2016年2月13日に、スクエア荏原イベントホールで行われた。


前日の12日のリハーサルに、撮影させてもらった。

「S-NTK LIVE」は、元宝塚歌劇団・男役の五月梨世を座長とする。


「S-NTK LIVE」は、日本大学芸術学部・演劇学科の出身者と、



「S-NTK LIVE」は、宝塚歌劇団出身者とが中心となって、歌舞くる団体である。



 写真イメージから、題名、キャプションをつけてみた。


 心から「愛」をうたう。



 日本舞踊は、曲線のしなやかさで、魅了する。


 こんなにも、美女からモテル男はそうそういない。

「羨ましかったら、日舞をやりな」とでも言われそうだ。

  

続きを読む...

五月梨世・LIVEの魅力(上)=優美な日本舞踊も、激しい音頭も魅せます

 五月梨世(尾上五月)のLIVEが、2015年11月3日(祝)に、東京・渋谷区神宮前「ラドンナ」で、午後の部、夜の部の2回開催された。

 彼女は元宝塚の男役から、テレビキャスターを経て、日本舞踊の舞踏家になった。

 

 プログラムは10パートあった。そのなかから、いくつか紹介しよう。

 写真から音楽とストーリーを想像してもらう。


 どんな神妙な踊りがはじまるのだろう。

 艶っぽいね。

 江戸時代に流行った、心中ものかな?

 軽妙に踊りだしたな

 さては、どんな踊りなのか。



 あらあら、派手な姿の娘さんが飛びだしてきたね。

 踊り上手だね。

 笑顔はとても素敵だね。この娘さんは。(友情出演・五嶋りさ)

 男と女の恋物語だったのか。


 男女の恋にしては、賑やかに踊るね。
 
 わたしゃ、秋田こまち……。
 

 どうです。私たちの笑顔。

 三味線、笛、太鼓、鐘、それにも勝のが、この笑顔ですよ。

 

 粋だね。さすが、タカラジェンヌの男役だね。好いね。

 ときには、きどってみせる。 

続きを読む...

朝日カルチャー・公開講座『柴又を歩く、撮る』(下)取材撮影の方法


 2015年11月14日(土)、朝日カルチャー・千葉主催の公開講座「歩く、撮る」は、雨のために、予定していた矢切の渡しは運休だった。
 そこで、江戸川の土手は来年まわし。帝釈天の参道・境内の撮影のみで、あと1時間は喫茶店でレクチャーとする。

 


「ボカシは被写体に接近(菊)して、望遠で撮れば、背景がかすんできます」

 技量のある方には、前ボカシもおしえる。


「水溜り」も、のぞき見れば、雨の日の情景が写し取れますよ。

 天地に目を凝らす。

 デフォルメは強いインパクトがあるものだ。

 写真専門学校の生徒さんたちは、こんな撮影を好むよ。



 月並みな写真は、極力、避けてね。


 構図は大切だよ。

 「額縁」の撮り方でも、人物を入れなさい。

 紅葉の風景のみでは、絵画には勝てないよ。
 

続きを読む...

朝日カルチャー・公開講座『柴又を歩く、撮る』(上)取材撮影の方法

 2015年11月14日(土)は雨だった。
 朝日カルチャー・千葉主催の第3回目となる公開の「歩く、撮る」シリーズが、柴又で行われた。講師の私は雨男で有名であり、またしても雨だった。(登山仲間は私といくと雨だと言いきってしまう)。

「場所が写真からわかる。それとなく組み込む」
 寅さんの銅像前で、最初のレクチャーを行う。

「写真は若いカップルの方が印象が強い」

「私は朝日カルチャーで写真を勉強しています。撮影させていただけますか」
 取材あてに声掛けしてみる。身分を明かせば、応じてくれるものだよ、とトークの仕方もおしえる。

 思いもかけず、モンゴルからきた関取だった。引退後、ランニングで、百数十キロの体躯が現在になった。四股(しこ)を踏んでもらった。

「動きを撮りなさい。いちばん動いているものは煙でしょう」
 焼き鳥屋のお兄さんに声がけして、何本も焼いてもらった。

 めずらしいおもちゃ屋がある。
「店だけ撮っても、ダメですよ。たとえ後ろ向きでもいい、人物は入れなさい」

 人物を入れることで、店の大きさも表現できる。


続きを読む...

デジカメのなかで眠っていた写真たち(下)=2015年の足跡が見える

 スマホに眠っていた写真を並べてみた。ここ1年(2015)がふりかえられた。次なるはデジカメで撮りっぱなしの写真を抽出してみた。


 幕末に開国を成した「阿部正弘」の取材で、福山に行った。

 ペリー提督と阿部正弘の蝋人形があったので、記念に撮ってもらった。


 写真エッセイ教室の受講生が、四国の「大塚美術館」のタイル絵画について作品にしていた。豪華だし、いちどは見聞していたほうがよいと、その作者は口頭でも説明していた。

 同美術館の前まで行った。だが、入場料はやたら高額だった、絵画にはさほど興味はない私にとっては。すぐ近くの鳴門の渦は大学生のころ見た、ダイナミックで、高揚感があるから、そちらに足をむけた。

 観光船の航海士の乗客サービスだろうか、船体がはげしい渦潮と戯れていた。それが面白かった。

 


 香川の金毘羅は、文化・文政時代から、全国有数の信仰の聖地となった。いま新聞連載の「山は燃える」で、長野・安曇野から、主人公のふたりが訪ねてくる場面に、使った。

 金毘羅さんの長い階段は、私は子供のころから何度も登っている。さして信仰心もないし、裾野の街なかをぶらぶら歩いていた。前々から、川の構図が面白いという認識があった。このさい、撮影しておいた。

 ただ、なんら使うあてもなく、フォルダーに眠っていた。

 島育ちなので、時折り、旅先の取材の息抜きで、海辺へ行くことがある。

 私は自身が写っている写真はほとんどない。

 阿南海岸に入った折、ユニークな写真が撮れそうな石の構造物があった。公園にいる人に、思いついたポーズはお願いできない。

 そこで、私がモデルになり、シャッターを頼んだ。



 松本市「市民タイムス」で、新聞連載小説を展開している。タイトルは山岳歴史小説『燃える山脈』。2015年10月1日から、毎日、掲載されている。

 プロローグのあと、第一章『十カ堰』(じっかぜき・写真)である。ちょうど、いま連載中である。

 農水路ができるまで、貧農の百姓たちの苦労が描かれている。撮影した真夏に、新聞連載がきまった。



 撮影場所はどこか、わからない写真もフォルダーにあった。

 おおかた雨上りの水滴を狙ったのだろう。

続きを読む...