東京下町の情緒100景

東京下町の情緒100景 (路地裏が魅力 001)

 低い屋根の庇(ひさし)で縁取られた青空の下から、東京下町人情が生まれる。生きる知恵もでてくる。この町の情緒の原点を探して歩いてみた。


 朝の柔らかい陽が路地の狭い空間に射す。 家屋の壁面が立体的なオープンガーデンだった。花を愛するひとには庭がなくても、ガーデニングを楽しむ知恵があった。

 色彩豊かな花はまだ露にぬれていた。通りすがりの女性が足を止めた。
「きれいね。いつも楽しませてもらっているわ」
 そんなふうに花の手入れをはじめた家人に声をかけた。ふたりはさほど親しい関係でもないらしい。
「一輪持っていきますか」
 ごく自然な会話が交わされている。
 剪定バサミの音が小気味よい。
「これはなんていう花ですの?」
 カサブランカ、日々草、ポーチュラカ、瑠璃まつり、ジニア。一つひとつ説明がある。気さくな会話がつづく。花はまさに心の潤滑油だ。

続きを読む...