寄稿・みんなの作品

ヒストリー・福島安正の単騎アルタイ山脈越え 上村信太郎    

 明治維新から25年後、まだシベリア鉄道はなく、日清・日露の戦争が勃発以前、1人の日本人が世界を驚かせた快挙がある。それは、当時まだ誰も成し遂げなかった厳冬期シベリア横断を、同僚や従者を伴わずに馬で完全踏破して日本人の存在を世界に示したことだった。

 その人物は当時ベルリン駐在武官の福島安正陸軍少佐(40歳)で、任務を終えての帰国にあたり、あえて騎馬で陸路を走破したもの。赴任地ベルリン出発に先立ち、福島はドイツ皇帝ウィルヘルム二世に謁見している。

 明治25年2月11日、英国産の9歳牝馬「凱旋号」に跨って勇躍出発。ベルリンを発ちポーランドのワルシャワ、ロシアのサンクトペテルブルグ、モスクワ、カザン、エカテリンブルグ、オムスク、セミパラチンスクを経由し、ロシアと清国(中国)国境地帯の山脈を越え、モンゴルのウランバートルから北上してロシアへ入った。さらに、バイカル湖畔のイルクーツクに立ち寄り、東シベリアのチタを経て、旧満州(中国東北部)に入り、ハルビンを経て三度ロシア入り、ウラジオストクから「東京丸」に乗船。釜山で汽船に乗換えてスタート翌年の6月29日横浜に上陸して市民の盛大な歓迎を受けた。

 所要日数は488日。延べ走破距離およそ1万4千㌔メートルだった。


 馬によるこれだけの長期旅行を実行するくらいだから、福島は騎馬隊出身と思ってしまうが実は歩兵。乗馬訓練は「凱旋号」購入のあと猛特訓している。

 また、幾つもの国を通過するのにどの国の言葉を使ったのか気になるが心配無用。福島は中国語、英語、ドイツ語、フランス語が堪能で、ロシア語を習得中だったからだ。

 この長大な横断のために福島が携行した荷物は全部で40㌔グラムと驚くほど軽量。主な持ち物は下着、手袋、洗面具、医薬品、地図、製図用具、日時計、晴雨計、馬体手入具、予備の蹄鉄、人馬の予備食糧1日分、護身用として軍刀と拳銃。他に寝具用毛布1枚と外套を鞍の後部に括り付けた。

 最初の難関はウラル山脈越えだ。入山5日目の7月9日、山頂に建つ「欧亜境界碑」に到達した。二番目は、ロシア、新疆ウィグル、モンゴルの国境に連なるアルタイ山脈越えだ。ロシア人将校の助言によりキルギス人の案内人を雇う。

 山脈中の富士山に似た峰に「アルタイ小富士」と命名したスケッチを残している。9月20日、ロシア国境警備隊に見送られて麓の村を出発。山中で大吹雪に遭うもウランタバ峠を突破。国境を越えて9月24日にモンゴル側の遊牧民天幕に到着。アルタイ山脈踏破は日本人最初であった。

 三番目はバイカル湖の東に位置するヤブロノヴィ山脈越え。標高こそ低いが厳冬期のため気温は氷点下30度以下。1月14日この山脈の峠を越えた。その28日後、アムール河上流の凍結した氷上で落馬し、昏睡状態に陥る瀕死の重症を負うも、奇跡的に恢復して旅を続行。


「単騎シベリア横断」を実行した福島の動機は、欧州人が事あるごとに日本人ら東洋諸国を軽蔑した態度をとるのに反発し、それなら世界初の偉業を達成して彼らの鼻柱を折ってやろうと思ったのが真相らしい。

 冒険ブームの今、「冒険家・福島安正」をマスコミが取り上げないのはもったいないと思う。


 最後に、単騎シベリア横断の主役は馬だ。「凱旋号」の運命は哀れ途中で死亡。すぐ現地で次の馬を購入して「ウラル号」と命名。ウラル山脈を越えたがケガをしたため手放す。難所アルタイ山脈越え直前にロシア人の牧場で5歳の牡馬を入手し「アルタイ号」と名付けた。

 全行程で購入した馬は10頭。この内、「アルタイ号」など3頭は日本まで連れてこられ、最後は上野動物園で余生を送ることができたのだった。

   (白山書房『山の本』112号掲載文を短縮)

   ハイキングサークル「すにいかあ倶楽部」会報№250から転載

いつもと違う夏・コロナ禍の陣馬山=市田淳子

 新型コロナ感染の収束が見えず、夏になってもいつもと違う生活を強いられている。withコロナの山行はどうあるべきなのか、自分自身に問いながら、8月22日、陣馬山から高尾山までを歩いた。

 山に行くことを考えるなら、まず、体力を維持しなければならない。今までなら夏山のためトレーニングをして山に臨んでいたが、春から自粛生活をしているのだから、トレーニングは他の形でできる限りしておかなければならない。
 そして、山では人との距離を持つ工夫が必要で、出会ったならマスクを着用して、自分も他人も守らなければならないと思ってきた。

 そんなことを念頭に8月22日、陣馬山から高尾山という縦走を実施した。最寄り駅から始発で高尾駅へ。高尾駅を降りると、さほど暑くはなく爽やかだとさえ思えた。

 しかし、高原下でバスを降りて登っていくにつれ、風はなく足どりが重くなった。足は鍛えていたが心肺機能は衰えたのだろう。

 ちょうど近くに1人で歩く女性がいて、「暑いですね。風がないですね。きついですね。」と話しながら、苦しいのは自分だけじゃないと言い聞かせて歩いた。いつもより単独行が多いような気がする。


 山頂近くになると、様々な秋の花が頑張れと言わんばかりに次から次へと現れた。キバナアキギリ、オミナエシ、オトコエシ、シラヤマギク、ススキ、キンミズヒキ・・・そんな花を見るだけでも吹いてもいない秋の風を感じられたような気がする。

 春から秋にかけて陣馬山頂付近には草原の花が多く見られ、私にとってはこれから始まる縦走の充電をする場所だ。


 しかし、先が長いからゆっくり楽しんでいるわけにはいかない。景信山までが飽きるほど長い。この日は高温で風がないため、特に長く感じた。小仏城山手前の階段まで行くと、もう少しだという気分になる。

 時計を見てもまだまだ余裕があり、最後まで行けそうだ。それにしても、すれ違う登山客やトレランを楽しむ人たちがほとんどマスクをしていないのには驚きだ。

 夏の奥高尾は高温でマスクは厳しいのはわかるが、私はマスクなしでは歩く気になれず、すれ違うたびにフェイスカバーを付けた。高尾山まで来ると、もう先が見えたようなもので、どのルートで降りようかと余裕も出てきた。

 そして、ついに高尾山口駅まで到着することができ、この日の目標を達成した。こんな山行がいつまで続くのか、これからはこうなるのか、先が見えない不安はあるが、自分なりに確立していく必要があると感じた。


  ハイキングサークル「すにいかあ倶楽部」会報№253から転載

奥多摩・上高岩山(1010m)  武部実

 2020年9月5日(土) 晴れ

 参加メンバー : L武部実、佐治ひろみ、針谷孝司、佐藤京子、金子直美、藤田京子、他1人

 コース : 武蔵五日市駅からバス ~ 大岳鍾乳洞入口 ~ サルギ尾根 ~ 高岩山 ~ 上高岩山 ~ ロックガーデン ~ 御嶽ビジターセンター ~ ケーブルカー駅


 
 武蔵五日市駅のバス停は多くの乗客が並んでいた。ほとんどがトレランのいでたちで、これから大岳山まで練習に行くとのことだった。
 その多人数のせいもあってか、バスは臨時便がでて2台で出発する。ほとんどの乗客が大岳鍾乳洞入口で下車した。

 9:00出発。サルギ尾根の登山口は養沢神社の右奥にある。ところで、サルギ尾根とは面白い名前だ。
「戦後間もなく、昭和20年代の前半のこと。大岳沢に群れをなして棲んでいた猿が時々、この尾根に出てきた。山仕事に出かけた人々が見て、猿が出てくる尾根だから猿来尾根/サルギ尾根と言い習わしたという」(日本山岳会多摩支部HPより)

 登り初めから急登だ。
 30度超えの気温と相まって、汗でシャツからズボンまでビショビショでまるで服の上からシャワーを浴びたみたいな状態だ。一時間半ほどで、炭焼き窯跡になる。このあたりから高岩山の由来となった、と思う露岩がでてくる。

 11:20高岩山(920m)着。山頂は狭く見通しもあまりない。唯一見られたのが、これから登る上高岩山の赤い東屋の展望台である。目標物に向かってもう一息だ。

 12:10展望台着。大きな赤く塗られた東屋があって20~30人は入れそうだ。見晴らしは抜群で、近くの御岳山や日の出山はもとより、眼下の青梅市から西武ドームまで眺められることができた。

 昼食を摂って出発。展望台から上高岩の山頂までは10分ほどであった。
 12:55に着。標識があるだけで見通しはあまりない。

 ここから下って芥場峠からロックガーデンに行く予定だったのが、少々のミスで、地図の破線ルートに入り込んでしまった。
 こちらからでも問題はないが、登山路の確認がおろそかだった。岩場とクサリのコースは、あまりお勧めできないと事前に調べてきたのに、反省。

 14:15ロックガーデン着。ここで小休止。サルギ尾根で出会った登山者は上高岩山から下りて来た時にすれ違った6~7人のパーティーのみ。コースとしての人気度はイマイチなのを感じる。

 途中ビジターセンターに立ち寄り、ケーブルカー駅には16:10に着いたが、一車両後にしてレンゲショウマの観察に行く。
 8月6日に訪れた時と同じくらいの数が咲いていて良かった。とにかく暑く大変な山行だったが、また来てみたいなと思ってくれれば幸いである。

(上高岩山展望台東屋にて)
   ハイキングサークル「すにいかあ倶楽部」会報№252から転載

七言絶句 「世界最古の大賀蓮を観る」 「祝賀御列の儀に題す」 下田尚嶽さん

 ノコギリ演奏者「のこぎりキング下田」さんから、「七言絶句」の色紙二枚をいただいた。漢詩の世界もお持ちなのか、とおどろいた。号は下田尚嶽(しょうがく)さん。

 色紙は達筆で七言絶句が詠われている。ぜひ、紹介したいとおもいながらも、三か月ほどが経ってしまった。

 文学は枯れるものではない。いま、ここに紹介させていただきます。

 若き頃の下田さんは早稲田大学の応援団「吹奏楽部」で活躍されている。卒業後は親からの家業を引き継いだ。そして、ある時期からプロのミュージシャンになられた。

 現在は、世界最大のノコギリ演奏者(ヘブンアーチスト)として国内外で活躍されています。

 

 払暁池塘満紅蓮   清風一陣郁香伝

 出泥緑蓋揺揺処   玉露煌煌映日鮮

《現代文》

明け方の池に縄文時代の蓮の紅い花が一面に咲いている

爽やかな風がひとしきり吹き、

よい香りがただよう

泥中に清らかな花を咲かせる蓮華がゆらゆらと揺れ動く

玉露がキラキラと光り輝き、

日に映じ鮮やかなり 
   


晴朗皇居爽気催   光輝宝冠興佳哉

歓迎祝福天恩洽   観正是令和幕開


《現代文》

祝賀パレードは晴天、清々しい雰囲気の中、皇居・宮殿より赤坂御所へ出発

秋の強い日差しに照らされた皇后雅子さまのティアラが燦然と輝き、とても美しい

沿道を埋め尽くした観覧者は、日の丸の小旗を振って祝福、天の恩恵で万民が福を受け広くゆきわたる

天皇皇后両陛下は国民に感謝の心を恩顔で応え、

正に令和の幕開けを披露した祝賀パレードの儀となる


【孔雀船96号 詩】 ビスケット謀反す

ふわっ、

と、ひと吹き

素肌を駆け巡る

春の風はひとり旅

おちこちに孤独が降り積もっている

花びらのように

空には気難しい

オゾンの穴

取り返しのつかない人間の業

ぼくの武蔵野夫人は天を仰いで

ビスケットを一枚

カリリと噛んだ


仲直りした夫婦が垣根越しに

手をつないで通り過ぎる

永遠とは瞬間のことなのだと

悟る

もうすぐ穀雨ね、と

えくぼを作る

「奥さん、お届け物です」

玄関で配達人の明るい聲

春の風を払いのけ

素肌を脱ぎ捨てて

夫人が出てゆく

春の風は嫉妬して

テーブルの上のビスケットを吹きとばす

謀反は起きた

「あらあら大変」

夫人は掃除機と格闘する

慌てて地球が傾ぐ

時間が永遠を噛み砕く

春のひととき

ふわっ、と。


縦書きPDF 


【関連情報】

孔雀船は1971年に創刊された、40年以上の歴史がある詩誌です。

「孔雀船」頒価700円
発行所 孔雀船詩社編集室
発行責任者:望月苑巳

〒185-0031
東京都国分寺市富士本1-11-40
TEL&FAX 042(577)0738

イラスト:Googleイラスト・フリーより

【孔雀船96号 詩】  軍艦島の春  淺山泰美

わだつみの深い青のただなかに
睡る島がある
かつて 遠くから
人々が集い ともに暮し
栄えた 島
人呼んで
「軍艦島」



すべての住民が退去して
四十年余り
樹木のない島だったというが 今
朽ち果てた鉄筋コンクリートの壁と険しい崖の間に
人知れず
一本の桜の木が満開の刻を迎えている
幻影のようなこの風景を
いったい誰が見ているというのだろう


かつて
この島の住民たちは 春
舟をしたて
よその島に花見に出かけたという
何組もの家族の
若い父親と母親と子供たち
さぞかし賑やかな花見船であったことだろう
今はとおい昔のこと


何度ものコンクリート住居の屋上で
住民は草花を育てていた
そこにはどんな花が咲いていたのだろう
絶海の孤島の陽を浴びて


島で唯一の映画館の名は「昭和館」
それは今 かろうじて建物の外側だけを残し
遠い西陽を浴びている


小学校の名は「端島(はしま)小学校」
そこで学んでいた子の影が揺れる
残された住居の壁に
見おぼえのあるシールが貼られていた
かつて
私のセルロイドの文具に貼られていたものと
同じ時代のものだ
子供たちは 皆どこへ行ったのだろう
今でも 夢に
この島での記憶が
潮風のように吹きこむことはあるのだろうか


彼らは知っているだろうか
誰もいないあの島で
一本の桜の木が
来年も また次の年の春も
花を咲かせつづけることを


縦書きPDF : 軍艦島の春


【関連情報】

孔雀船は1971年に創刊された、40年以上の歴史がある詩誌です。

「孔雀船」頒価700円
発行所 孔雀船詩社編集室
発行責任者:望月苑巳

〒185-0031
東京都国分寺市富士本1-11-40
TEL&FAX 042(577)0738

イラスト:Googleイラスト・フリーより

「眠れぬ夜の百歌仙夢物語 八十三夜」  望月苑巳

 うっかりマグロの女房どのに「アイロンで顔のシワをとれば」と言ったら、
「あなたの足のニオイを先に取りなさいよ」と言い返された。
 天に召されたばあちゃんもさぞかし笑い転げているだろう。笑い過ぎて落ちてこないといいけどな。
 痒いのでふと腕を見たら真ん中に赤い切り取り線がある。
「それは蕁麻疹でしょ。バカな事言わないで」
 またばあちゃんに笑われるかな。
相変わらず焼肉定食、失礼、弱肉強食の我が家である。楽しいな。


 朝日新聞に掲載されているピーター・マクミランの詩歌翻遊「星の林に」は目からうろこ、なるほどと感心させてくれることが書いてある。日本人が見落としてしまう事をちゃんと発見してくれているからだ。例えば、


 梅の花誰が袖触れし匂ひぞと春や昔の月に問はばや
                (新古今和歌集、春上、源通具)

 この歌について「もののあわれ、儚さなどは日本の美学としてよく言われるが、連想についてはあまり言及されないような気がする。しかし私は、連想が日本の美学の基礎にあると思う。今回の歌はまさにごちそうのような作品だ」と書いている。
なぜか。
昔の月に問はばや、という部分。つまりこの作者の過去に何があったのかと想像を膨らませ、「伊勢物語」第四段にある歌、


 月やあらぬ春や昔の春ならぬわが身一つはもとのみにして
                 (古今和歌集巻十五、恋歌五)

 を連想させるからだと断じている。
 在原業平のこの名歌は、昔、五条通の邸においでになった皇太后の向かいに住んでいた女とねんごろになったが、ある日姿を消した。男は未練から翌年も梅の盛りにその家にいったが、女と過ごした昔は過去のものだとしみじみと知り尽くして泣いたというもので、この相手は後に清和帝の女御になった二条后のことを指す。
 つまり源通具の歌が「この梅の香りは誰の袖が触れて移った香りなのですか」と問う趣向だから、「春や昔の」のその根底には連想という共通のキーワードがあるというのだ。
しかももう一首


 色よりも香こそあはれと思ほゆれ誰が袖触れし宿の梅ぞも
                (古今和歌集巻::読み人知らず)

 という歌も提示して、この二首からの本歌取りだと捉えている。
そもそも西洋の詩の発想には月に向かって尋ねるという発想がないという。
また別の日の原稿では「キーン先生…桜よ墨色に」という見出しの話が出ている。キーンとはもちろん、日本文学を世界に広めてくれた文学者、ドナルド・キーンさんのことだ。

私事だが自分もドナルド・キーンさんには二度お会いして名刺も頂戴したことがある。一度は日本ペンクラブで講演された時、二度目は東銀座の東劇で偶然の出会いだった。足腰は弱られていたが、まだご自分で歩けるほど元気でいらした。亡くなる前の年だったと記憶している。

話を戻そう。ピータ―は「キーン先生の死はまさに黒というイメージがぴったりだったのだ。失われたのは色だけではない。光も失われたのだ。先生の死によって、世界から大いなる光がひとつ消えてしまったように感じられた」という。それは、この歌に触発されたからだ。


深草の野辺の桜し心あらば今年ばかりは墨染に咲け
                (上野(かむつけ)岑雄、古今集巻十六、哀傷歌)

 この歌は堀川太政大臣藤原基経が薨じたときに詠まれた一首で、深草の野に咲く桜よもし心があるならば今年だけは墨染の色に咲いておくれ、というとても直截的な惜別の歌だ。墨染とは告別式に着る僧侶の喪服の色のこと。したがって「源氏物語」の薄雲巻にも引用されている。憧れの人だった藤壺宮が亡くなって意気消沈した光源氏がこの歌を口ずさむ場面だ。
ちなみに令制によると薨去とは皇族や三位以上の貴族の場合に使われ、四位、五位では卒去というのだそうだ。いやー、知らなかったな。
 ともあれ、ピーターにとっても師と慕うキーンさんの死にはショックを受けたという事だろう。
こうしてみると和歌の面白みがますます湧いてくる。ありがとう、マクミラン。


新型コロナウイルスのせいで友人にも会えず、酒を飲みに行かれない日々が続いている。最初のころは散歩と称して近所のスーパーへ用もないのに買い物のふりをして暇稼ぎをしていたが、ついに東西南北すべてのスーパーを制覇して、ついには仕方なく家で晩酌ならぬ昼酌と相成った。秋でもないのに顔が紅葉している。
布袋様のような腹、どうしてくれるんでい! と月に向かって吠えても近所から苦情が出るだけ。怖いのは自粛警察と称する、自分だけは正しいと考え違いしているバカ者どもの出現。
新聞を読んでいたら、小さな子供ふたりと公園で遊んでいたら警官から職務質問を受けたとか。誰かが警察に通報したからだ。
でもバカなと思う。そもそも昔疫病が流行った時、菌を分散させるには公園がいいと公園が作られたのだという。そこは誰もが自由に羽を伸ばせる空間のはずだ。何かが間違っている。いや、そんなことも分からない輩が、オカミのいうことに右を倣え。それ以外は敵である、なんていう付和雷同、大政翼賛会的発想が怖い。クジラが空を飛んだって驚かねえ。オイラは誰にも束縛されねえぞ。


 地下鉄に乗った。
幼稚園ほどの男の子と一緒のお母さんが乗ってきた。走り出したら男の子が叫んだ。
「急に夜になった!」
 きっと初めて地下鉄に乗ったのかもしれない。
 以前朝日新聞の「あのねのね」という欄を読んでいたらこんな文章が。
「ユリの花が生けてあった。〈めしべは女の人で、おしべは男の人なんだよ。男の人は周りで、うっとりしているんだよ〉と言った」
八歳の女の子はあなどれないと実感した。
 夏の夜、孫の煌が遊びにやってきた。
 なぜか緊張している。
「どうしたの」と聞くと、後から入ってきた煌の生産者が蚊取り線香を持っている。
「そうか、それでキンチョーしていたんだね」


         ふぁいるをだうんろーど縦書き PDF


【関連情報】

孔雀船は1971年に創刊された、40年以上の歴史がある詩誌です。

「孔雀船」頒価700円
発行所 孔雀船詩社編集室
発行責任者:望月苑巳

〒185-0031
東京都国分寺市富士本1-11-40
TEL&FAX 042(577)0738

【孔雀船96号 詩】  床屋で 松下育男

お客さん

ウチの犬が生きていたときにね
どうしても面倒をみられない時には
おふくろの所に時々
預けていたんですよ

おふくろ
はじめは面倒くさがっていたんですけどね
だんだん
可愛がるようになってくれて
引き取りにいくと
ずいぶんさびしそうな顔をするように
なってきたんです

それでね
こないだ話をしたように
犬が突然死にましてね
もちろんおふくろも
ひどく驚いていたんです

でもまあ
仕方がないかと
思っていたんですけどね

こないだおふくろが
電話をかけてきて
「一晩犬を預からしてくれないか」って
言い出したんです

あっ
これはまずいなと
思いましてね

だって
ウチの犬が死んだことを
知っているはずなんですよね

だから
とうとうおふくろ惚けたかなと
覚悟をしまして

来たら様子を見て
病院に連れて行こうかと思っていたんです
それでね

来ました

来たんですけどね
おふくろ
犬の骨壷と写真を大きな袋にいれて
さっさと帰って行ったんです

翌日
返しに来ましたけどね

一晩
骨壷と一緒にいたんだなと
思いましてね

それで何をしていたんだろうと
思いましてね

一晩で
いいのかなと
思いましてね

たまらなくなってきたんですよ

縦書き PDF


【関連情報】

孔雀船は1971年に創刊された、40年以上の歴史がある詩誌です。

「孔雀船」頒価700円
発行所 孔雀船詩社編集室
発行責任者:望月苑巳

〒185-0031
東京都国分寺市富士本1-11-40
TEL&FAX 042(577)0738

イラスト:Googleイラスト・フリーより

【寄稿・詩】  卒業電車 ☆神山暁美☆

山のふもとにある ちいさな町の小学校


校庭をとりまくフェンスの向こう側

授業と授業のあいだの休み時間に

毎日きまって赤い電車が走ってくる


あすは卒業式 六年生はさいごの授業

「つぎの休み時間は校庭に集まってください」

担任の先生のことばがチャイムにかさなる

でも みんなは集合の理由(わけ)を知らない


ウィーンウィーン ガタゴトガタゴト

いつもの電車が菜の花をゆらしやって来た

先頭(せんとう)の車両に運転手と もうひとり

紺(こん)の制服・制帽(せいぼう) 真っ白な手袋(てぶくろ)で敬礼をして


在校生もふり向くような まのびした警笛(けいてき)

止まりそうなほどゆっくりと電車が通る

その窓のひとつひとつに大きな文字が


「祝 卒 業 ・ 夢 の 実 現」

白い手袋はこの小学校の卒業生

若かった校長先生が始めて送り出した

「電車の運転手になる」と約束した男の子

いま この町の駅長さんになっている

            卒業電車 ☆神山暁美☆ 縦書き・PDF


関連情報

 神山暁美さんのプロフィール

 岐阜県大垣市生まれ

 詩誌「那須の緒」同人

 栃木文芸家協会 会員

 日本ペンクラブ 会員 電子文藝館委員会・委員


 詩集「卒業電車」 定価 1500円+税 

 問合せ先 : オフ出版

         〒250-0124  神奈川県南足柄市内山772
           ☎     0465-72-0033  

【寄稿・山行】 奥多摩の山は招く、最も人気コースを登る = 佐藤京子

日 時  :  2019年9月22日(日) 晴れ

登る山 * 麻生山(794m)・日の出山(902m)

参加メンバー : L上村信太郎、宮本武、佐藤京子、他9人 

集合 : 武蔵五日市駅 

コース : つるつる温泉行バス乗車 「白岩滝」下車 ~ 白岩ノ滝 ~ 麻生山 ~ 日の出山 ~ (御岳山登山鉄道) ~ 御嶽駅



  前日まで雨だったので、天候が心配でしたが 良いお天気になりラッキーでした。


 白岩滝バス停を10時10分に出発。    

 白岩ノ滝バス停から川に沿って歩きます。水の流れの音と鳥の声に、何とも言えない心地よさを感じます。
 白岩ノ滝まで地図では、約30分とあります。歩いてすぐ滝が出現です。それも登りながら五つ位の滝があったかしら?

 どれがその滝なのか? 全部ふくめて白岩ノ滝というのでしょうか。

 私たちは、出発が遅かったので、先を急ぎます。残念ながら立ち止まって滝をゆっくり見ることはできませんでした。

  青年が一人、滝をじっと眺めている姿に
 (いいな、今度また来たい)
 と思いました。


 滝と川の流れに別れを告げ、麻生山を目指します。

 正午を過ぎてしまったので、麻生山の山腹でお弁当タイムとなりました。 参加者の一人の女性が突然、大麦の粉(はったいこ)を水で練り、バターを入れたお菓子を作りはじめました。
 麦こがしというのでしょうか。


 これは、昔、日本人の河口慧海という僧が、仏教の経典を持ち帰るために、初めてヒマラヤを単独で越えた時の食糧だそうです。
(もちろんバターなどはないですが)
 これは、リーダーの上村さんのサプライズ企画でした。


 麻生山の登りは急で、あまり整備もされていないので、荷物を置いて登りました。


 昼食後、日の出山に向けて出発です。

 このコースには、杉が植えられていて、よく手入れされているようです。日の出山の頂はとても眺めがよく、麻生山も頂上がとんがってかっこよく見えます。

 初日の出を見る人で、正月はにぎわうということです。また、この山に、「皇太子殿下浩宮様 平成24年御登頂」と記されたプレートがあることもリーダーが教えてくれました。


 帰りは、御岳山の御師集落を通り、御岳登山鉄道~青梅線御嶽岳駅のコースで帰りました。
 予定よりも遅くなったため、女性の大半は反省会に参加せず、そのまま帰りました。


 今回の登山でもそうですが 私は、連れて行かれるまま登ってきたので、これからは地図をもっと見ることが大事とつくづく思いました。

 つるつるの湯とセットで行くには、どういうコースを取ればいいか? 時期はいつがいいかなど考える楽しみを見出していきたいものです。


     ハイキングサークル「すにいかあ倶楽部」会報№241から転載