登山家

1000万人の安全登山を考える=祝日『山の日』にむけた「勉強会」

 山登りは緑と川と聳(そび)える峰が楽しめる。魅力あるスポーツだ。国土の大半が山だけに、初級から上級まで、その人に見合った山は日本中あらゆるところに存在する。
 一方で、登山は命の危険と隣り合わせである。事故は初心者だけではない。ベテラン登山者でも毎年、遭難事故を起こしている。それを回避するには、初心者もベテランもリアルに山を認識することが大切である。

「山の日」制定協議会は総会の都度、登山知識、山の知識を学ぶ「勉強会」を行っている。国会で「山の日」が制定された直後の、5月28日には、同会が衆議院憲政会館で行われた。

 勉強会のメインが「山の安全」「山の恵み」であり、広く一般の人にも知りえてほしい内容を包括している。

 角谷道弘さん(日本山岳ガイド協会理事)が、題目『山と自然 最新の登山装備と安全』について講演した。
 登山に大切なものは4つある。
  ①準備
  ②体力
  ③登山技術
  ④経験
 登山中の事故で最も多いのが「道迷い」、「転倒、転落・滑落」、「疲労」である。

 道に迷うと、現在地の掌握が難しくなる。迷った時は、位置が分かるところまで引き返すことである。低山は仕事道、枝道も縦横にあり、高山よりも迷いやすいから注意が必要です、と話す。
 地図とコンパスの熟知が大切である。最近はGPSの活用が広がってきた。石井スポーツ勤務の角谷氏によると、5-10万円だという。腕時計の高度時計も必需品の一つ。2万円前後である。
 角谷さんの説明によると、最近は精度が上がり、1時間に登っている標高差なども表示されている高度計があるという。

 転落や滑落は人体に大きなダメージを与える。足腰を鍛え、つまずかない体力を維持することだ。靴ひもをしっかり結び、足が靴の中でぐらつかない。これらの心がけが転落予防の一つにもなる、と話す。

 疲労は、熱中症と低体温症を引き起こす。夏の高温、多湿環境の下で長時間行動すると熱中症が起こりやすい。水分補給を怠ると、体温調整が利かなくなる。

 低体温症は、風雨雪の長時間行動で、身体の深部まで温度が下がってしまい、寒気を覚え、小刻みに体が震えてくる。寒気の段階で、温かいものを飲み、温かい衣類に着替えることが大切である。

 近年、ゴアテックの防寒、雨具が発達してきた。軽くて丈夫な素材である。ただ、下着に濡れないものを着ていないと、雨風にさらされると、低体温症などに襲われる危険性がある。


 阿部守一(あべしゅういち)長野県知事が出席し、自然の宝庫である同県の取り組みについて語った。
 長野県は森林面積が日本で第3位である。3000メートル級の山岳が15座あり、全国で第1位。県民の共通の財産として「山に感謝し、山を守り、育て、活かす」目的で、県独自の『信州 山の日』をつくり、7月第4週日曜日とする。

「山の魅力を発信する一方で、登山の安全対策にも力を入れていきます」と同知事は述べた。

「体力の低下を認識しない中高年者の遭難が多いのです。それに、山の怖さを知らない初心者が増加しています」
 力量を超えた入山者がいるので、遭難防止対策として、山の難易度をつけたグレーディングを行う、と語った。

 グレーディングとはなにか。誰もが登山をする前に山選びをする。その指標となるものだ。
 初心者からベテランまで、「あなたの体力と技術で、どの山が登れるか」、それをより具体的な山岳名でわからしめる情報提供である。

 同県の山岳は地形上の特徴から、5段階の難易度をつける。体力は10段階にする。
 この組み合わせで、初級、中級、上級者Ⅰ、上級者Ⅱの技量に見合った山岳名が示されるのである。グレーディングは初めて山に入る登山者にも、山岳名を教えてくれる。

続きを読む...

日本人として祝日『山の日』をつくろう=山河の恵みのためにも

 日本の国土の7割は四季折々に変化する、美しく緑豊かな山地でしめられている。山々は清流を生みだし、大地の田畑をうるおして、海にそそぐ。古(いにしえ)から、日本人はこの山河と深くかかわり、日常生活の場、精神の安らぎの場としてきた。
 日々の生活や健康に寄与する、国民の貴重な財産である。と同時に、山と海の素晴らしさは、日本人の最大のほこりでもある。

 日本の繁栄には山と海が欠かせない。そこで、4年前から主要な山岳団体が、国民の祝日「山の日」をつくろう、と活動を推し進めている。昨年11月には、全国「山の日」制定協議会(谷垣禎一会長)が発足した。同会は2014年3月4日に臨時総会と勉強会を実施し、その活動をいっそう加速している。
 美しい自然、とりわけ、山と海、双方の恩恵に感謝するためにも、「海の日」(7月の第3月曜日)と「山の日」と両立させるべきだと、その意義を強調している。

 富士山の世界文化遺産の登録がなされた。一座の賛美だけでなく、日本中の山に感謝の念をもつ。そして、子どもや家族、老若男女を問わず、山に親しむ。そのためにも、祝日「山の日」は夏休み期間が望ましいと考えている。

 8月11日が有力候補の日である

 国民の祝日は、国民と国会が決める。現在は超党派の議員が「山の日」法案を提出するべき活動を展開している。


 同祝日に関する、これまでの主だった経緯をみてみると、

 1997年に山梨県で、「山の日」の行事が始まった。その後、広島県、大阪府、岐阜県、群馬県と「山の日」の制定が展開された。

 2002年、国際山岳年として、「山の日をつくろう」建言がなされている。

 2008年、船村徹さん(作曲家)が、新聞紙上で「山の日」を国民の祝日に、と提唱した。

 2010年、山岳5団体(日本山岳協会、日本山岳会、日本勤労者山岳連盟、日本山岳ガイド協会、日本ヒマラヤ・アドベンチャー・トラスト)による、「山の日」制定協議会が発足した。

 2013年、超党派の国会議員(100人以上)が参加し、勉強会を開催している。 


 わたしたちは後世に美しい、恵み豊かな山岳をいかに残していくか、という点で数多くの課題や問題点を抱えている。
 山林の荒廃、良質な水資源の確保、開発と環境保全、動植物の保護、鹿などによる被害、観光資源の活性化、東北(福島)の山々の放射能除染など多岐にわたる。

 国民一人ひとりがこれら山河の諸問題を再認識し、将来のビジョンを示す、そのためにも祝日「山の日」の制定が必要である。

全国「山の日」制定協議会が、国民からより多くの賛同を求めるために、会員(仲間)を募集している。呼びかけ人は、こちらを左クリックしてください


『関連情報』

全国「山の日」制定協議会 入会のご案内


同協議会・入会申込書(個人用)

【書籍紹介】 知られざる『富士山』=上村信太郎

 富士山ブームだ。その富士山が世界文化遺産に登録された。自然遺産ではなく、「文化遺産」という点に、私たち日本人は価値が見いだせる。つまり、地球の天地創造による「美」よりも、平安時代の和歌から、浮世絵、そして現代までの人とのかかわりが評価されたのだろう。

 それは文学、絵画、音楽、浮世絵など、富士山が私たちの心の奥底まで入り込んだ、象徴としての存在である証しだ。

 登山家の上村信太郎さん(日本山岳会、日本ペンクラブの会員)が『富士山』を発刊された。(山と渓谷社・1200円+税)。富士山の驚きの事実が147話がある。どれも、読者に投げかける疑問形のスタイルを取っている。

「山頂から展望できる山はいくつあるか」

「富士山の山開きはなぜ7月1日か」

「銭湯のペンキ絵に、なぜ富士山が多いのか」

「富士山と同じ標高の山はあるのか」

「冨士とつく、横綱はこれまで何人いたか」

「どのくらい遠くから富士山が見えるか」

「富士山のライチョウはなぜ絶滅したか?」

 上村さんは海外の高所・初登頂を成した人だ。一方で、ユニークな作家である。資料・史料から、新たな発見、新事実を見つけるのが得意だ。ヒマラヤにせよ、日本の山にせよ、かれの著書には必ず人間がからむ。それが登山家だったり、地元の人だったり、ガイドだったり、意外な人が取り上げられるのが常だ。

「えっ、芥川龍之介が初期の槍ヶ岳に登っていたの。だから上高地・河童橋を知り尽くし、名作『河童』が生れたのか……」 と上村さんから教えられることが多い。島崎藤村が日本山岳会の会員だったことも、上村さんの山岳連載誌のコラムから知った。

 12月半ば、歴史取材の帰りに松山空港から飛行機に乗ると、「左手に富士山が見えます」とアナウンスがあった。デジカメの窓越し撮影はうまく撮れるはずがない。それでも、シャッターを押したくなるから、不思議な魅力ある山だ。

 帰宅すれば、上村さんの新著「富士山」が届いていた。ページをめくるごとに、おどろきが多い。筆力のある作家だけに、エピソードや情報や知識が実に読みやすく、わかりやすく、巧くまとめられている。これなら、電車のなかでも簡単にすらすら読める、愉快な内容ががたくさんあるし……、それが第一印象の本だった。

 3分間スピーチで、「富士山」のエピソードを取り上げるには、最良の本だと思う。あるいは講演の講師が、イントロで、いきなり余談ですが、
「富士山頂で起きた事故や事件は、どこの警察署が管轄だと思いますか?」
 と受講者に投げかければ、一気に壇上に視線を集め、会場の緊張を和らげてくれるだろう。

 あなたは日本人として、「147話の質問」をどこまで知っているか。それにチャレンジしてみる。あるいは友だちの話題のなかに差し込んでみる。いつしか富士山に登りたい人は読んでおく。
 自分好みの読書方法がある、面白く、愉快な良書だ。

いいぞ、いいぞ、白馬岳=2932m (下)

 山の朝だ。快晴だ。

 さあ、登攀(とうはん)準備だ。

「まず写真だよな。山は逃げないよ」

「洒落たことをいうんだな」



山頂はどこかな。

「山小屋からすぐだ。そこに見えるだろう」

「地図の山頂ですよ」



 おい、おい登るぞ。

 カメラを提げて、観光気分か。

 ザックを担げよ。


 歩けば、すぐそこに白馬山頂があった。

 苦労がないと、みな笑顔だな。

 人間が正直すぎるのが、傷だ。


「巧くとってくれよ」

「カメラに聞いてよ。シャッターが落ちないんだ」

「かっこつけて、高いカメラを持ってくるから、扱いがわからないんだよ」

「バッテリーがなくなったみたい」

「そんなことだろうと思ったよ」

続きを読む...

いいぞ、いいぞ、白馬岳=2932m (上)


期待して、2932mの白馬岳に、歯を食いしばってきてみれば……。

夢まで見た、山ガールはいずこにいるのか?

世のなかって、甘くないな。


 白馬駅前では、信濃毎日新聞が号外を出していた。

 2020年東京オリンピックの開催決定だ。

「貴重な号外だ、持っていこう」

「トイレ紙で使う気だな」


 白馬岳への登山口の猿倉(標高1230m)で、山小屋の庇を借りて、雨具を出す。

 日々の行いが悪い連中だからな、毎年、北アルプスに登れば、登りはじめはいつも大雨だ。

 行いが良ければ、こんな手間もなく、すーっと登るのにな。

 豪雨をたっぷり山間に吸い込んだ川はいまや濁流で、

 滝は豪快に水しぶきを上げている。

「台風の影響がだんだん消えていくぞ、これから」

 それが期待の連中なんだから、さびしいな。

 大雪渓(だいせっけい)だ。

 9月10日になれば、雪渓も溶けている。

 荒々しく、不気味な稜線が、待ち構えている。

 恐れるな、おそれるな。

 己の登攀(とうはん)技量で、悪あがきはするな。

 山での運命は神のみぞ知る。


 軽アイゼンの装着だ。

「生れてはじめてつけた~」

 興奮するな。

 保育園の遊び道具じゃないんだ。

 アイゼンの詰めに登山ズボンの裾をひっかけて、転倒し、滑落し、クレパスに落ちて死ぬ奴だっているんだからな。

続きを読む...

梅雨入りしたけど、雨は降らず、御岳山・登山=奥多摩

御岳山だ、奥多摩だなんて、甘い考えはダメだぞ。

今年の夏登山は、北アルプス「白馬」だから、低山でも猛特訓で行くぞ。

「なんだ、いきなりケーブルカーか。この中のだれだ、登山計画を立てたのは」


ケーブルカーで山頂駅に着けば、直ぐ寄り道だ。

メダカの水槽をのぞき込んでも、登山知識の足しにはならないだろう。

「何だって、童心に帰ってだと」



この家は茅葺の年代物だな。

誰か、住んでみたいものはいないか。

まだ遁世の心境にならない。そうだろうな。


山菜料理に、川魚料理だ。

食べたいだって、まだ御岳山の山頂にすら、着いていないんだぞ。

 歩け、歩け。

天然記念物の楠だぞ。巨木だぞ。巨樹だぞ。

誰も感心なしか。

後から来る中高年のパーティーに追い抜かれそうだ、と。

ならば、立ち止まって樹を見ることはない。

「どうせ、機を見て、敏捷に動く、お前らじゃないしな」

続きを読む...

エベレストに2度登頂73歳で。女性世界最高年齢を更新=日本山岳会

 日本山岳会(尾上昇会長)の恒例となっている「年次晩餐会」が、12月1日、東京・品川プリンスホテルのアネックスタワー5階で開催された。全国から会員が集まった。(推定500人)。
 例年だと、皇太子殿下が出席されているし、同晩餐会は連続参加だった。ことしは愛子さまの誕生日にあたり、宮中の行事が執り行われる関係から、欠席だった。ただ、同殿下からメッセージが寄せられていた。
「殿下からメッセージが出るのは異例のことです」
 尾上会長はそう語ってから読み上げた。


 尾上会長の挨拶では、同会が公益法人になれたから、今後の発展のために、広く地域に根を張った活動を行いたいと述べた。会員の減に歯止めがかかり、若返りも進んでいる、と将来性への期待を述べた。


 渡邊玉枝さん(写真・山梨県・河口湖町出身)が特別表彰された。彼女は63歳でネパール側からエベレスト登頂し、女性最高高年齢者記録を作った。10年後の12年5月には73歳でも、中国側からエベレストに登り、自己の記録をさらに更新した。
 他にも、8000級のヒマラヤにも登攀している。
 日ごろの訓練が大切だと、受賞スピーチで語っていた。

続きを読む...

役に立たない登山教室に参加してみて=槍ヶ岳

「高所登山は、無理しない、体調は万全を期す。基本だ、わかったか」
「深夜バスで、寝不足なんですけど」
「だったら、そこのベンチで休息を取っておけ」
「皆から、遅れますけど」
「別に、君が山に登れても、登れなくても、なんら問題はない」

「ソフトクリームが食べたいだって。山に来たら、おなかをこわすものは食べない。基本だ」
「でも、食べたいわよ」
「正露丸もってきたか」
「はい」
「じゃあ、食べてよし」

「あのインストラクターは女に甘いよな」

「あんな高いところに登るんですか」
「上を見て、ため息をつくんじゃない。下を見て、靴ひもでも締めろ」
「ああ」
「山に来て、景色を見ようなんて、10年早いんだ。下を見て歩けよ」
「10年経ったら、何歳になるのかな?」

「手を振って、足をあげて。大地をしっかり一歩ずつ踏みしめるんだ」
「素直にやれる奴は、良いよな」


「要所、要所で地図を見るんだ。地図で、ルートの方角を確かめるんだ」
「磁石を買ってくるのを忘れたんですけど」
「だったら、見ているふりをしろ」

「雪渓(せっけい)に乗るな。危険だ。クレパスに落ちたら、どうなる?」
「ケガします」
「じゃあ、自己責任だな」

「地図が読めなければ、絵図でも頭に叩き込んでおけ」
「絵図ですか」
「そうだ。お前たちは地図をもっていても、どうせ飾り物だ。道に迷ったら、役立ちっこないんだから」

続きを読む...

日本アルプス・槍ヶ岳って、どんな山なの?=簡単さ、信じる?

見えたぞ、右手の、あれが槍ヶ岳だ。

武将が脇に抱える、槍に似ているだろう。

3000メートル級に、初チャレンジの人もいる。

「両手と両足があれば、登れるさ」と、リーダーは語る。

三点支持法で登れ。四肢のうち、3つをキープすれば、落ちない。

「たぶん、落ちないさ」


梯子なんて、両手を使って登れば、簡単じゃないか。

怖がるから、腰が引けて危険なんだぞ。

雪かきおろしの梯子だと思え。

「ベテランは簡単にいうよな」

超リーダーは、日本山岳会の会員だ。海外の大岩壁の初登頂のキャリアがある。

軽々立っているな。

山頂に来た時くらいは、ゆとりある顔をしようぜ。

ことしは雷で死んだ奴もいたな。この天辺まで来て。

台風が違づいているけど、雷よりも、強風で飛ばされるな。

長野県警のヘリコプターで救助された登山者もいる。

我々じゃないぜ。言っておくけど。


「あたし、すにーかークラブよ。山岳会じゃないわよ。すにーかーよ」

 こんな余裕がある女性が、本格的登山をしたら、きっと8000mを登るのだろうな。


大型台風が日本の南海上を北進。槍ヶ岳は影響を受けるかな

 9月16日の23時・新宿発の深夜バスで、上高地に入り、槍ヶ岳に登ってきます。私が学生時代から登り続けた、大好きな山です。作家のペンネームで、「槍」を使いたかった。だが、どうも時代小説に限定されそうで、穂高を使ったという経緯があります。


 今回の登山は、私のHP「穂高健一ワールド」をサポートしてくれている・ITグループ「インフォラウンジ」山岳部(平均年齢30歳)と、すにかー倶楽部(主幹・上村信太郎・日本山岳会)のベテランたちと、一緒に登ります。
 天候と相談でしょうけど、槍の山頂を目指します。

「インフォラウンジ」山岳部・伊藤宗太さんが作成した、『槍ヶ岳 登山計画書』です。

メンバー
穂高、肥田野、小林、若山、池、伊藤
去年ご一緒した、上村さん、武部さん、岩渕夫妻も同行。ただしペースが違うので、宿泊所と山頂でお会いできたら。

行程
16(日):21:30 YCAT出発 → 23:00 新宿駅西口都庁大型バス駐車場(穂高さん合流) → 夢のなか。。
17(月):6:00 上高地バスターミナル着 → 10:00 横尾(お昼ごはん) → 13:00 槍沢ロッヂ
18(火):槍沢ロッヂ → (1:40)大曲 → (1:00)天狗原分岐 → (1:30)坊主岩小屋 → (0:40)殺生ヒュッテ付近 → (0:40)槍ヶ岳山荘 → (0:30)槍ヶ岳頂上 → (0:30)槍ヶ岳山荘 → (0:30)殺生ヒュッテ (行動時間約6時間)
19(水):殺生ヒュッテ → (0:20)坊主岩小屋 → (1:00)天狗原分岐 → (0:50)大曲 → (1:00)槍沢ロッヂ → (1:20)横尾
→ (3:10)上高地バスターミナル(行動時間約8時間) → (行けたらどこかで日帰り温泉) → 17:25 上高地バスターミナル発 → 18:30 新島々バスターミナル着 18:43発 松本電気鉄道(松本行) → 19:12 松本着 19:21発 あずさ34号(新宿行) → 22:07 新宿着(横浜組は八王子乗り換えもあり)

持参品で、とくに留意するもの
・雨具(通気性と防水性を兼ね備えたゴアテックスが良い)
・折り畳み傘(小雨など便利)
・防寒着(冷え込みが厳しい。ダウン並みの防寒着を必ず1枚)
・手袋(必需品です)
・ヘッドランプ(日没が速いので、夜になると真っ暗です。必ず持参)
・水・スポーツドリンク(ペットボトル)は各自の判断で
・地図(常に地図を開いて、現在地を確認する)、コンパス(方位磁石)
・行動食兼非常食(3日分の適量)
・救急薬品(軽い怪我、肉離れ、腹痛などを想定したもの)
・レスキューシート
・コップ

備考
・日の出 5:30ごろ、 日の入り17:50ごろ
・早朝は5度くらい、日中でも12~13度あたりのようです。http://www.weather.co.jp/yari/ 防寒にはとにかく気をつけて!
・槍沢ロッヂ 一泊二食付で9000円、殺生ヒュッテ 一泊二食付で9500円
Mt.Yari Weatherwww.weather.

 ※写真は全メンバーです。撮影日=2012年9月18日