登山家

【図書紹介】 地図「富士山・村山古道を歩く」改訂版=海抜0mから富士山

 最近は若者の間で、登山人気が高まっている。山ガールという言葉も生まれ、登山スタイルもファッショナブルになり、カップル登山も多い。最大の人気は富士山と高尾山だろう。

 首都圏から手軽に登れる高尾山は、いつの時代も多くの人に愛されている。富士山はむろん有史以来、日本人に最も親しまれてきた。江戸時代には「富士講」ブームも起きている。ところが、戦後の登山ブームを境に、
「富士山は見る山で、登る山ではない」
 と登山愛好者たちから嫌われた。

 その理由は登山道沿いの山小屋から排出される、ゴミや糞尿の未処理など劣悪な環境が影響していた。
 世界文化遺産を目指す富士山は、ここにきて急激に環境改善が進んだ。と同時に回帰現象ともいうべきか、いまや富士山の登山ブームになっている。
 富士五合目までバスで行き、そこから山頂を目指す。多くはご来光目的である。

 こうした一般登山には満足せず、東海道の田子の浦(海抜0メートル)から富士山頂(3775m)を目指す、富士古道ルートをもとめる登山者も増えてきている。

 村山古道は富士修験者たちが通った、主要な登山道だった。つまり、仏教徒によって切り拓かれた道である。明治政府の廃仏毀釈による仏教の弾圧、その後の富士山の新道開発から、村山ルートは廃れてしまった。

 最近になって、村山集落の有志により、古道の掘り起こしが行われた。ただ、道の整備まで手が及んだわけではない。地図・磁石が使いこなせないと登れないルートだ。

 田子の浦から古道の登山口まで約1日かかる。市街地を通り抜けるには、ガイドブックがなければ、道に迷うし、難儀する。村山古道のガイド付きとなると、割高になる。
 それを解決したのが、2009年7月に初版された畠堀操八著の地図『富士山・村山古道を歩く』である。
 2012年4月に同改訂版(頒価1000円)が発行された。

 同地図は海岸から山頂まで、国土地理院の2万五千分の1を複製し、細長い一枚にしている。持ち運びが手軽だ。迷いやすい都市部は写真とイラストが入っている。
「ここを左に曲がる」「斜め向こうに渡る」「道しるべ」と写真キャプション(説明)付きだから、わかりやすい。

,

続きを読む...

写真で楽しむ、雪の秩父・丸山ハイキング

芦ヶ久保から、左手には、武甲山の山容を眺めながら、秩父・丸山(960m)に登りました。

武甲山は、セメントの材料となる石灰岩を採取しているので、奇形な山容となっています。

登山道にはおとぎの国のような家がありました。

武甲山を見ていると、視野のなかに一本杉がふいと入ってきました。

わずか一本の樹でも、情景に変化が出てきます。


山の傾斜面で、農夫の方が農事をされていました。春にどんなものを作付けしているかな。
山間に生きる。それを感じさせてくれます。


ふいに現れた巨大なタンクと、トラックと、杉の丸太です。この組み合わせは一体なんだろう。考えてみましたが、どんな産業か、どんなものに使われるのか。見当がつきませんでした。

山には残雪、里山には梅が咲き始めています。とても良い情感です。

続きを読む...

伝統ある日本山岳会に、13歳の女子中学生が新入会員

 日本山岳会は1905(明治38)年に発足し、100年以上の歴史がある。同山岳会は1956(昭和31)年5月9日にマナスル(8163m)初登頂に成功した。日本人がヒマラヤ8000m級の初登頂を成し遂げたと言い、日本中に登山ブームを起こした。

 現在でも、同会は日本登山界のリーダーである。一方で、会員の高齢化が進み、若返りが大きな課題となっている。

 日本山岳会の晩餐会が12月3日、東京・品川プリンスホテルで開催された。全国から会員が約500人参加した。皇太子殿下も(一般会員として)出席された。

 尾上昇会長が挨拶のなかで、「少子化が進んでいる世の中ですが、若返りを含めた、会員の増加への策に取り組んでいきたい。数は力です」と述べた。


 11年度の新入会員36人が壇上で紹介された。代表挨拶が中学1年生の三上マリモさん(宮城県、13)だったことから、会場にどよめきが起こった。

 三上さんは壇上の代表スピーチで、「5歳の時に、親に連れられて岩木山に登り、山が大好きになりました。オボコンベ(標高約400m・宮城)で岩登りに興味を覚えました。将来は剣岳に登りたいです」と、しっかりした口調で、数々の登山歴と、将来の登山活動への抱負を語った。

 彼女はさらに「将来は雪の山にも、キリマンジャロにも、ヒマラヤにも登りたいです、山に関する幅広い知識を学びたいです」と堂々たるスピーチだった。
 皇太子殿下もテーブルからにこやかに聞き入っていた。

続きを読む...

男体山で、幹部研修の登山(下)=同行レポート

 男体山はもともと「空海」に関係した僧侶(仏教徒)が登攀し、開山している。二荒山神社の社務所で、ルールとして500円/一人払うと、「お札」とともに概略登山図が手渡された。

『男体山は二荒山神社の御神体山であり、古来より、山岳信仰の御山として多くの崇拝を集める、関東第一の霊峯であります。山頂には当神社の奥宮がありますので、諸願をこめて御参拝ください』
と明記している。

 仏教徒の開山を伏せたうえ、さも神教の神官が開いた男体山のように見せかけている。歴史をごまかしたうえ、登山者から金をとっていると思えた。むろん、神社側の釈明など聞かず、登山道に入ったから、相手側の言い分などわからない。

 他のメンバーは安全登山のために、胸元にお札をぶら下げていた。「白紙も信心しだい」「鰯の頭も信心から」という諺もあるし、信仰は自由だ。私は神社に対する腹立たしさなど口にせず、自分だけのものとした。

 降りつづく雨で、紅葉を楽しめる男体山ではなかった。雨具のヤッケを身に着けると、一合目、二合目としだいに足が上がらず、体が重い。登攀には時間がかかる。ヤッケはやめた。

 登山は思いもかけない予想外のことが起きる。転倒、骨折、強風でテントが飛ばされる、凍傷など……。それをどう対処できるか。それが登山者の経験と力量でもある。

 わが5人パーティーは4合目あたりで、小さなアクシデントがあった。

 若山さんが高校時代に使ったきりの登山靴の裏底が剥がれてしまったのだ。かれは靴紐の劣化を想定し、紐2本だけは買ってきていた。
 それで結び、創意工夫しながら登る。都度、剥がれてしまう。理系の4人が、強度とか、補強とか、それぞれ知恵を出し合う。それでも、体重が靴底に集まる強度には対応できなかった。
『メンバーにアクシデントが生じれば、無理に山頂は狙わない』。それは山の鉄則である。8合目で「おでん昼食」を楽もう。全員が気持ちを切り替えた。

続きを読む...

男体山で、幹部研修の登山(上)=同行レポート

 10月24日(月)は快晴ならば、中禅寺湖の紅葉が見事な季節だ。

 東武電車が朝かすみの利根川を渡り、栃木県に入ると、車窓は斜雨で濡れはじめた。男体山(2484.2m)登山にむかう。山の天候がしだいに気になってきた。同山は急斜面が連続する、直登だけに、降雨だと、古(いにしえ)の修験者のように難行苦行となる。晴れの山と雨とでは、登山の軽重が雲泥の差となる。

 日光駅に近づいても、沿線の山々には雨雲が深く被さっている。

 肥田野さんはITコンサルタントで、私とは6年来の登山仲間だ。かれがIT企業「インフォ・ラウンジ」(横浜)を興してから5年経つ。この秋には増資をして、役員も整え、次なる飛躍への地固めをしていた。
「役員研修に、登山を入れました」と結束かためが目的の一つだと話す。他方で、肥田野さんは同社に「インフォ・ラウンジ山岳部」を設立していた。

 私は、同山岳部の顧問という大義の同行だった。葛飾住まいの私は浅草に近いし、早朝の出発は楽だった。他の4人のメンバーは横浜に住む。それぞれ自宅の最寄り駅から、浅草まで遠い。

 浅草駅から乗ったのは肥田野さんと、横浜・戸塚の小林さんだ。小林さんはITデザイナーで、9月から同社の役員に加わっている。自宅から戸塚駅までバイク、横須賀線、新橋駅から浅草まで銀座線と乗り継いできたという。


 車中では、肥田野さんと小林さんがiphoneで、日光の天気予報を調べる。午前中は雨、午後は曇り。このところ天気予報の精度は高くなり、よく当たる。それだけに、雨の登山の覚悟を決めた。
 同社の伊藤さんは高校時代に山岳部員だった。東工大に進んでから山は登っていないが、9月の奥穂高では健脚ぶりをみせている。彼はおなじく横浜住まい。最寄の路線の始発電車を利用しても、浅草駅6時20分発の快速には間に合わないので、東京駅から新幹線「やまびこ」を利用し、宇都宮から日光線に入ってくる。
 同列車には若山さんも加わっている。私立・桐朋高校の1年生の時に、学校行事で登山をした。山はそれ以来だという。

 かれらは理系のITコンサルタント。会社は平均年齢が31歳だという。日ごろフィットネス・クラブで汗を流しているから、体力はある。そこに60代作家の私が一人加わった、5人パーティーである。

 晩秋の日没は早くて4時40分だが、5人の体力からしても男体山の山頂に登っても、陽があるうちに降りられるだろう。

 日光駅に着いても細い雨が降る。登山中にカメラを濡らさないためにも、私は駅構内の売店で、透明の折り畳み傘(500円)を購入した。ひとり傘を持つ身となった。
湯元行きのバスが、いろは坂を登る。中禅寺湖でも、車窓の側に雲が流れる。紅葉の情景など楽しめなかった。

 二荒山神社前のバス停で、5人が集合した。

続きを読む...

北アルプスの名峰・奥穂岳に登る(下)=屏風岩、梓川、上高地

上高地から見る、穂高連峰は日本でも有数の美しい景色です。奥穂高岳に登頂しただけに、その感慨はいつまでも心に残ります。


屏風岩の大岩壁は、標高差が約1000メートルです。井上靖の名作『氷壁』の舞台になったところです。

2日前は台風の通過で、まったく見えなかった。それだけに何度も、何度も、横目で見ながら、横尾へと向かいます。



明神岳はとても厳しい岩壁です。梓川の河岸から眺めたり、撮影するにはとても良い山岳です。



穂高から下山してきた開放感から、戯れにロープを登る。まだ体力は存分に乗っているぞ、とさらに高くチャレンジ。

木道を行く、尾瀬に似た雰囲気です。上高地は近い。早く温泉に入って汗を流したい、と疲れきった足も、快く前に出ます。


明神池の澄んだ水は、心が洗われるようです。水底は浅く、鏡のようで、まさに名水です。
ロマンチックな小説の舞台としては、申し分ないところです。

続きを読む...

北アルプスの名峰・奥穂岳に登る(中)=岩、雲、太陽、水、そして人間

穂高山荘は3000メートル級の主稜にある山小屋だ。登山者たちは、苦労して登ってきた足を休める。右を見ても、左を見ても、そびえるピークだ。
「もうひと奮張りだ」
と自分に気合を入れる、間合いの時間でもある。

太陽を背にした、岩場の下りは一つ間違えば、滑落だ。足もとを見ながら慎重に、慎重に下っていく。

涸沢カールへと下っていく。前方には常念岳や蝶が岳が聳(そび)え立つ。雲と遊ぶピークをチラッと見ては、また急斜面を下ってく。


 涸沢岳と北穂高岳を結ぶ稜線は、岩場の難所つづきだ。その稜線をじっと見る。


 下山する登山者もいれば、登ってくる人もいる。深い涸沢カールは人間を微小にさせている。


続きを読む...

北アルプスの名峰・奥穂岳に登る(上)=3190mの山頂を目指す

梓川の朝は、霧雨で、幻想的な世界を作り出していました。


上高地から明神、徳沢、横尾にきた。登山道に入ると、道幅は狭まる。
やがて、本谷橋の、細いつり橋を渡る。雨にぬれた橋床は滑りやすく、慎重に渡る。


 涸沢小屋で一晩を越すと、台風一過のさわやかな秋空の気配が広がっていた。


涸沢カールに、穂高連峰が顔を出してくる。


涸沢カールの岩の急斜面を登る。


高山植物の宝庫。山稜と雲とのコントラストが楽しめる

雲が切れて、奥穂高岳が姿をしっかり見せてきた。標高2700メートルを超えると、登山者の息切れが激しくなってくる。


続きを読む...

あなたは「安全な山歩き」していますか。10のQ&Aでチェックしましょう

「海の日」はありますが、「山の日」はありません。日本山岳会を含めた、5つの山岳団体が、国民の祝日として「山の日」の制定を提案しています。美しく豊かな自然を守り、次世代に引き継ぐことを目的としています。

「山の日」制定協議会では、山々がからだの健康や心の健康に欠くことのできないフィールドだと再確認し、登山の楽しみを広く伝えたい、と念願しています。

同協議会が運動の一環として、安全な登山を推奨の一環として『山を知る10のQ&A・安全編』の冊子を発行しています。ハイキング、本格的な登山にかかわらず、山に入るひとには大切な知識です。一度、セルフチェックしてみてください。

① 朝、テレビの天気予報で降水確率が0%でも、雨具どうされますか。

   【答え】 山の天気は変わりやすいものです。どんなときでも、雨具は忘れてはいけません。

② 山や自然のなかで、現在地を知る方法はなんですか。

   【答え】 道標や掲示板よりも、地図とコンパスです。地図を読みこなすためには、いろいろな機会を見つけて学びましょう。

続きを読む...

寝苦しい夏の夜長に、「会報」をよむ・シリーズ①=日本山岳会

 8月の夜は、夕顔が一晩の白い花を咲かせている。夕涼みの情緒として、この上ないものがある。ひとたび、床に入り、クーラーも扇風機も使わないとなると、寝苦しい。
 寝つけないときは、強いアルコールを少量だけ口にし、ふたたび寝床に入る。成功すればよいが、身体がかえって火照って寝られず、失敗したな、と思ってしまうこともある。

 この夏の真夜中だった。1時間も、2時間も、脳細胞が寝ってくれない。聖書でも読めば、数分で寝られるだろう。信仰心がないので、『般若心経』(はんにゃしんぎょう)も含めて、その類のものは何もない。何を読むかな、と思いを巡らせた。

 春から夏場にかけて、所属団体の年会費の支払いがつづく。各総会には極力出席を心がけているが、送られてくる会報はほとんど読まない。あるいは読む時間がないので、積読になっている。会報編集者の努力はわかるだけに、申し訳ないと思う。
 会報支払いの、この期間に限っていえば、「万単位の会費を払っているのに、勿体ないな」とも思う。そんな気持ちもあり、
「一度、所属団体の会報を読んでみるかな。一ヶ所、ひとつの会報を」
 と寝床から立ち上がり、電気を点け、書斎から目にした会報を持ち込んだ。床に腹ばって、どれから読むかな、と思案した。

 日本山岳会は100年の歴史をもった団体である。2011年の通常総会は、東日本大震災の翌3月12日で参加できなかった。6月18日も参加できなかった。
 会報『山』7月号には、総会は5時間半の審議を経て、定款変更を承認とあった。会員の質問が多い総会が、例年は2時間ていどだから、5時間半となると、議論はかなり紛糾したな、もめたなと推量できた。

続きを読む...