かつしかPPクラブ

「コミニティの可能性を信じて」=斉藤永江

作者紹介:かつしかPPクラブ・正会員(2011年度・かつしか区民大学・区民記者養成講座終了)・栄養士・製菓衛生士。チョコレート製作を始め、洋菓子作り・和菓子作りに携わる。


作者HP
  

コミニティの可能性を信じて ミルクショップワタナベ 渡辺社長奮闘記

  

     目次

1.開店経緯・渡辺社長の熱い思い
2.店内の様子・配達車
3.平日の店内・外観
4.かつしかスポーツフェスティバル
5.取材を終えて・編集後記
  
 

   開店経緯・渡辺社長の熱い思い

ミルクショップワタナベは、2007年4月1日に、牛乳の宅配専門だった立石から、四ツ木・マイロード商店街に移転し、店頭販売を始めた。

社長の渡辺浩二さん・(42才・写真左)は、「みどりのおばさんが亡くなっていたのに気付かず、牛乳を配達し続けていてショックでした。地域の人が声を掛け合い、安否を気づかう、コミニティの必要性を強く感じました。」と、その動機を話した。


同商店街は、シャッター街で、ほとんどの店が閉まっている。「それでも、道行く人が気さくに挨拶をしてくれて温かさを感じました。お年寄りや子供が安心して集まれる空間を作りたい。国まかせにするのではなく、自分の力でやってみようと思いました。」
 と、その熱い思いを語った。       

     店内の様子・配達車


 店内には、牛乳・乳製品の他にも、駄菓子や豆腐、米、物産品、非常食など様々な品物が並び、200種類に及ぶ。


『ミルクの日』を作って、販売促進をしている。

「それでも、パック牛乳に比べて割高のびん牛乳は、なかなか買ってもらえない。一度飲んで頂ければ、風味の違いや栄養の違いに気づいて頂けるのですが。」と、その苦労を語った。

 配達の時には、手紙やお知らせを入れ、安否を確認するなど、牛乳ボックスの交流にも努めている。

自らデザインした車を披露する渡辺社長               

     平日の店内・外観


 店内には、子供の絵や、地域の人が撮った写真が飾られ、ベイブレード大会やクリスマス会など子供向けのイベントも開催されている。

営業に出ている社長に代わり、お店を切り盛りしていた父親(写真右)に話を聞いた。

「次男がお店を継いでくれました。地域やお子さんたちに喜んでもらえるようにと様々な活動をしていて、毎日忙しいようです。」と、体を気づかった。

「地井さんが、テレビの撮影で寄ってくれました。
突然やってきてびっくりしましたよ。」


                 かつしかスポーツフェスティバル


 10月10日の体育の日に行われる『かつしかスポーツフェスティバル2011』に出店するというので、準備に追われる渡辺社長を取材した。


           

続きを読む...

かつしか区民大学・特別講演会「福島からのメッセージ」=PPクラブ

 福島は3.11で大地震、大津波、原子力被害、さらには風評被害という四重の被害を受けています。暮らし、健康、仕事などあらゆる困難に直面しています。
 2011年(平成23年)8月に、福島県は復興ビジョンを策定しました。


 かつしか区民大学は2月5日(日)午後2時から、講師・鈴木浩さん(福島大学名誉教授)を招いて、ウィメンズパル4階で、特別講演会が開催された。
 鈴木さんは福島県復興ビジョン検討委員会座長である。テーマは「福島からのメッセージ~福島県の復興の取り組みに学ぶ」。手話通訳も行われた。約70人の熱心な受講生たちが参加した。

 事務局が用意した配布資料が間に合わないほど、多数の受講生だった。会場で声を聞くと、「実際に福島で苦労している人の声を聴きたい」「風評に惑わされない、自分を創出したい」というものが多かった。

 鈴木さんの講演内容の柱として
⑤福島県復興ビジョン
①東日本大震災の時代的特質
②震災があぶりだした生命・生活の軽視
③セーフティネット論と居住権保障
④なぜ「原子力に依存しない社会」をめざすのか
⑥災害救助法と応急仮設住宅問題
⑦福島県における応急仮設住宅
⑧大地震にしなやかに立ち向かうということ
⑨地域社会・地域経済再生の課題
⑩まとめ
 
 基本理念として『原子力に依存しない、安全・安心で継続的に発展可能な社会づくり」である。鈴木さんは、福島県内の現場をくまなく調査し、作成した資料をを基に理路整然と説明した。

【福島県復興ビジョン(全編)】はこちらをクリックしてください

 かつしかPPクラブの区民記者は講演後に、鈴木さんからお話を伺いました。主たる内容としては、  

続きを読む...

「どうなる日本、東日本大震災から学ぶ」福岡政行氏が語る=PPクラブ

 2012(平成24)年度のかつしか区民大学の「特別講演会」が、1月および2月、それぞれ各界で活躍されている講師をお迎えし、ウィメンズパルにおいて開催されました。
 1月18日講演会の講師は福岡政行さんで、『どうなる日本、東日本大震災から学ぶこと』がテーマでした。司会は同大学担当の土川さん。当日の参加者は120名を超え、ウィメンズパル1階のホールはほぼ満員でした。

 青木かつのり区長が冒頭に、
「葛飾区としては、区民や行政が一緒に助け合って生きて行く、その考え方を常に念頭に置いた、安全安心のまちづくりを今後も継続していきます。この度、福祉の総合窓口を創設しました。高齢者や障害者そして介護者の方がたの、助けとなるようなコーナーも設置しています。
 今後は行政と区民との連携をさらに強めるためにも、区民の皆様方に、安全安心につながる区民大学講座をも実施して行きます」と挨拶されました。

 福岡講師は、2011年に発生した東日本大震災に関連する出来事や、復興支援の在り方、日本の行政の取り組み方について語られました。

 かつしかPPクラブとしては講演が終了後に、独自に福岡さんに取材しました。

  ・各種のボランティア活動をされていますが、その動機についてお聞かせください
「先日なくなられた俳優の二谷英明さんと、小山内美那子さんとご一緒にできることから、自然体で、平成元年から事務局として始めました」。

  ・ボランティア活動をしていて、大変だったことは何ですか
「今は体力が無いが、95年(神戸)に震災復興をやってきました。資金が無いので、カンボジアの子ども達への支援も、20人から30人の子どもしかできなかった。東日本の震災での活動も、朝から夜9時までが、体力の限界です」。

  ・善かったことは何ですか

「子ども達のうれしそうな顔が良い。また来ますと言って帰っていきます」。

続きを読む...

かつしかPPクラブ・写真で活動報告=郡山利行

 2012年度の第1回、「かつしかPPクラブ」の講座が2月10日に、葛飾区東立石区民センタ-で開催されました。

 メンバー17人です。全員が課題作品の冊子を提出しました。(講師が添削した・赤と青の文字が入っています)


「かつしかPPクラブ」は発足して、2年目になりました。かつしか区民大学「私が伝える葛飾」で1年学んできた人が、新たに6人が加わり、17名になりました。

 今回の課題は区内で、「今年の抱負、期待、願い」を取材して、記事にするというものです。

 葛飾区成人式が同市民会館(シンフォニーヒルズ)で開催されました。PPメンバーたちはここに数多く集まりました。女性メンバーでも、私服警官が取り巻く、暴走族を名乗る若者たちからも取材し、内容の濃いものです。
 


続きを読む...

葛飾の魅力・活力 秋編=郡山利行

『かつしかPPクラブ』は、2010年度に「かつしか区民大学」(私が伝える葛飾)の卒業生たち11人による、自主クラブとして発足しました。

私は区民記者として、地元密着型の密度の濃い取材を心がけています。現在は四季折々の葛飾をフィールドとした情報を発信しています。

葛西神社  例大祭御祭禮  撮影:9月17日

『 ピーヒャラ ピーヒャラ ピーヒャララ、てんつく てんつく つくてんてん 』
 聞こえる祭りばやしは、東京を中心とした東日本での祭事では耳慣れているものだ。

 葛西神社の「2011年例大祭御祭禮」は、約300年前に、同神社の神官が和歌に合わせて旋律を工夫したのが起源とされている【葛西囃子】の演奏で始まった。

 海外公演にも出向くという、葛西囃子保存会の演奏である。


雅楽演者たちは、祭禮開始前に、まず手水舎へ向かう。

その向こうでは、神官が氏子代表者に祭禮の開始を伝えている。



本殿の祭禮には、氏子代表者のほかに、地元のお祭り関係代表者も参列していた。

この祭禮を済ませると、各町会はそれぞれの場所で、神輿を繰り出す。


                           撮影場所:葛飾区東金町6丁目

                              

中之橋町会  御祭禮  撮影:9月18日


大人の神輿は参加者が少なかった。子どもたちの神輿は小学校高学年の生徒たちが頑張って担いだ。


軽ワゴン車のささやかな山車は、小学校低学年以下の幼児たちに引かれて

神輿の後を追って、町内を巡った。

                       撮影場所:葛飾区南水元4丁目
     


続きを読む...

第32回葛飾川柳大会:公式取材活動=郡山利行

 葛飾区民文化祭「川柳大会」が10月10日(月・祝)に、同区の金町地区センター5階で開催されました。第56回葛飾区民文化祭の行事のひとつ。主催は葛飾川柳連盟(川柳かつしか会長・田中八洲志さん)で、今年で32回目を迎えました。参加者は約120人です。
「かつしかPPクラブ」としては、公式行事への初取材でした。

 同大会では優勝カップ(区長賞、区議会議長賞、教育委員長賞、文化協会会長賞、葛飾川柳連盟賞)、および表彰状と記念品が上位20位まで、特別課題についての賞などがあります。

 朝11時から、参加者が思い思いの時間に来場し、受付で指定の句箋(短冊)を受け取り、席に着いていました。正面に掲示された「7つの宿題」(2か月前に告知)ごとに川柳を書き込み、締め切り時間の午後1時までに区箋に清書してから投稿です。

 多くのひとはあらかじめノートに作品を用意してきていますが、投稿前に再考したり、最後の推敲をしたり、真剣そのものでした。穏やかだった顔も、投稿用の区箋に向かううちに、迷い悩む表情になり、何度も書き直すなど、だれもが真剣そのもの。会場はしーんと静まりました。

 今年度の宿題は7題です。「家族」、「追加」、「視線」、「金廻り」、「分岐点」、「乾く」、「祭礼」です。そして、特別課題として、1題「仕上げ」です。

                (熱心に、川柳を創作する参加者たち)

 
 田中大会会長(82歳)から話を聞きました。
 「私は20歳から川柳を始め、62年間の経歴があります。川柳への動機は、読売新聞に中国へ出兵していた兵隊が送ってきた川柳に感動したことからです」と熱い思いを語ってくれました。
 同大会について、「宿題は7人の選者がそれぞれに考えました。私の出した、『祭礼』は、葛飾区民文化祭の祭りから採用しました。参加者は各宿題ごとに、3稿まで投稿できます」と仕組みについても説明してくださいました。
 

 早めに到着した、青木区長からも話を聞きました。「今年は、区民文化祭の16か所の全会場を回る予定でいます」と、多忙な中でもフットワークの良さと、文化的な事業への熱心な取り組みについて語ってくれました。「かつしか区民大学」から生まれた、区民記者だとわかると、「会場の真ん中で、いっしょに記念撮影しましょう」と自ら提案してくださった。

続きを読む...

かつしか水紀行 ~中川 七曲がり~ =小池和栄

 【目次】

     Ⅰ.枕詞のかつしか ・・・・・・2
 
     Ⅱ.木下川薬師界隈 ・・・・・・3~4
 

     Ⅲ.さだまさしの青春 ・・・・・4


     Ⅳ.川辺の風景   ・・・・・・・5~7


     Ⅴ.狸とエイ  ・・・・・・・・7


     Ⅵ.葛飾に光あり ・・・・・・・8


表紙の写真

 昭和30年代まで、年中行事として新年早々、本奥戸橋の下で寒中水泳が行なわれていたが、川の汚れが進み中止となった。
 橋の歩道脇には、飛び込み、抜き手、旗振り、姿のレリーフが川の歴史を語る。蛇行する中川畔からの東京スカイツリーは、右に左に位置を変える。周辺の工場跡地にはマンションが立ち並び、住環境も大きく変った。巻末は平和橋を象徴するハトのレリーフ。

                撮影年月日 平成23年5月22日

                         文 と 写真 小 池 和 榮


全文はこちらからお入りください

.

~中川 七曲がり~   写真の一部・抜粋によるご案内


              『水上のプロムナード』  Ⅳ.川辺の風景 より
          

            『天にのびる流麗なハープ橋』 Ⅰ.枕詞のかつしか より


   『緑に囲まれた木下川(きねがわ)薬師の山門』 Ⅱ.木下川薬師界隈 より


       全文はこちらからお入りください

真夜中の12時間リレー体験取材=郡山利行

 東京・国立競技場では11年7月29日(金)に、不思議なマラソン大会が開催されました。オールナイトの12時間リレーマラソンです。 種目は2種類で、参加チームのほとんどは12時間リレーでした。(3時間リレー)。

 同競技場の400mトラックと、観客席下にある練習用走路を組み合わせた、1周1.4km コースを走るのです。スタートが午後7時から、 ゴール30日(土)午前7時です。

【雨に濡れたトラック】

 同日、午後9時頃のトラック第2コーナー付近です。雨に濡れたトラックを走るランナーたちです。

 ほとんどが社会人チームです。参加者たちは会社の帰りに競技場に駆けつけてレースに参加していました。参加者の年齢は大半が30~40歳です。
 そのうち3割近くが女性でした。シニアのチームはほとんど見られませんでした。
 実は、取材する私は妻と参加しました。


 客席下の走路状況。各チームの待機スペースが並び、それぞれのチームのリレーゾーンでもあるので、仲間たちが応援していました。

 簡単にルールを説明しますと、タイムを競うのではなく、登録メンバーが12時間で、走行距離を競うのです。
 たすきには計時チップが取り付けられています。競技場トラックの第1コーナー部に設けられたチェックポイントの通過回数で、順位が決定します。

 

【待機スペース集団ごろ寝】


 私のチームの待機スペース付近の状況です。そこは着替え場所でもあり、飲食・仮眠場所でもありました。
 男女を問わず、みんなでごろ寝の仮眠を取り、順番が来たら走り、・・・、一夜を明かした、この不思議な体験はとても新鮮な感覚でした。 大勢の参加者ですが、レース時間内のアルコール禁止は守られていました。

【バックスタンド チームメイト】


 バックスタンド前で、第1走者を見守るチームメイトたち。

 節電のため、競技場内の照明は使用されず、走路の要所には発電機による局所照明が、主催者により準備されていました。 レースに不都合は生じていませんでした。

続きを読む...

水元公園の素敵な四季、真夏の風景=郡山利行

水元公園の中央通路には、葦ばりの氷屋さんが出ています。
汗をかいたお母さんが、二人の子どもを連れて、
「氷を、3つください」
と立ち寄っていました。


           公園の朝は、まず華麗な花が咲きはじめます。
           散歩の人が出てきます。
           太陽が昇った後でも、冷気が残っています。
           やってきた、ウォーキングの人の足取りが快適です。

            中央広場の水路で、自転車が疾走してきました。
            「えっ、こんなところに自転車が……?」
            とびっくりする場所です。
            おじいさんは得意顔で、子どもは不安顔でした。


日照りにも、負けない男の子です~。
ペットボトルと哺乳瓶の区別がつかない持ち方の幼児が、
水分補給しながら、親たちの後ろを追っています。


続きを読む...

水元公園の素敵な四季、初夏菖蒲まつり=郡山利行

 花ショウブ田の裏方さんたちの晴れ舞台

 色彩豊かな花ショウブは、梅雨時に人々を魅了する。桜のように全部の花が一斉に咲かない。満開を過ぎた花を放置すると、汚く、見苦しくなる。それらの茎は順次、取り除かれていく。
 ≪正装≫した裏方さんたちが花ショウブ田に入り、古い花の茎をぽきん、ぽきん、と摘みとる。そして、腰の竹かごに入れている。
 水元の風物詩の一つである。
                            撮影:6月12日


        裏方さんたちの努力で、花ショウブ全体の美しさが保たれている。

 水元公園花菖蒲撮影会

 美人モデルたち20名による撮影会が、花ショウブ田のまわりで開催された。
 会場の受付で申し込み(有料)すれば、撮影会に参加し、かつ写真コンクールにも応募することができた。

                       撮影:6月12日
    


                  主催  全東京写真連盟
                  後援  葛飾区観光協会
                      水元公園葛飾菖蒲まつり実行委員会

 子ども達の楽園 

 水元公園の森は、新緑のメタセコイが色濃くなってきた。木立には暖かい日差しが降り注ぎ、その木漏れ日がやさしい。子どもたちは足取りかるく、遊び場へ向かう。 
                         撮影:6月4日


 大きな池の小合溜め岸辺で、天真爛漫に遊ぶ一人の少女がいた。ボールが池面に飛んでいった。先刻から、危ないと注意していた、お母さん。少女は怒られて、
『ボール、はやくこっちに来て!』
 と手招きをする。幸いにして、吹く風が少女に味方していた。


続きを読む...