ランナー

写真で見る、東京大マラソン2011=新宿・スタート~ゴール地点

平成23年2月27日(日・快晴)に、東京大マラソンが開催された。スタートは東京都庁で、車椅子は9時05分、42.195キロのフルマラソンは、9時10分。新宿西口の駅前では、5分後には大集団となった。

スタートから3分後には、トップ集団ができていた

先頭集団のなかから優秀ランナーがでるのか。もはや、熾烈な順位争いが始まっていた。

車椅子のランナーはとても早いスピードだ。

市民ランナーの表情は、大きな国際マラソン大会に出場できた、という喜びをかみしめた、走り方に思える。

21キロ地点(日比谷)のトップランナーは、観衆に手を振る余裕があった。

医療関係者の協力体制が目立っていた。胸に、医者と明記したランナーも走っていた。

銀座は応援の幕とか、プラカードが禁止されていた。街全体の景観は東京マラソンにも適用されていた。

 パフォーマンスにケイタイ電話。まさに現代性というか、マラソン大会は市民とって、お祭りだ。


              

男子優勝はエチオピアのハイル・メコネンさん。銀座3丁目の34キロで単独トップに建っていた。優勝タイムは2時間7分35秒でした。


42キロ地点(国際展示場)では、太鼓や神輿が疲労困憊のランナーを迎える。

 有明のイベント会場では、多彩な催し物が開催されていた。

「ランナー」トップへ戻る