カメラマン

華やかな美女乱舞(下)=S-NTK公演・宝塚歌劇団OGらとともに


 S-NTK 第2回 公演   『復興支援チャリティー公演』


         2015年2月7日(土)・8(日)  大井町きゅりあん 小ホール  


 春・花の夢より


 元宝塚歌劇団のスターたちが、華やかな和服レビューショーをみせてくれます。


 
 「花の民謡メドレー」では、踊り手が軽妙なリズムと唄で楽しませます。



 元宝塚歌劇団のメンバーには、とてつもないスピード感があります。

 それが大きな特徴の一つです。

 S-NTK座長の「五月梨世」の踊りと芸は、一流中の一流だ。

 顔の描写の文字化はむずかしいけれど、

 「眼はパッチリして、眉も濃く、顔立ちは浮彫で、愛嬌がある」
 
 粋な感じがある。

 だから、彼女のファンが押し寄せる

 

 


 日本女性の鑑ともいえる、いにしえの情感に満ちた魅惑がたっぷり。

 どこか恥じらうような優しさを感じさせる。

  



 マドリードの情熱の女。そんな鮮やかな女性だ。

 舞踊も華やかで大きい。

 熱気に満ちた瞳は、ことごとく男の心を惹(ひ)きつける 


 日本舞踊に、チーム・ワークという言葉はあるのかな。

 3人の手拭い踊には、激しさと新鮮さがあった。

 


 好きな人の手をそっと触れる。

 少し上気した顔が、いっそう可憐になる。

 恥じらう瞳には、愛の心がある。

 恋っていいね。


 時代小説のストーリーが、ごく自然に浮かんでくる。

 怜悧な性格で、剣の道に生きる武士だ。

 この男には、むやみに近づけない空気が取りまいていた。

「その女から、手を離せ。さもなければ、容赦しないぞ」

 かれの強い眼差しが、4人のならず者を震えあがらせた。


 浴衣姿で、ロックンロールの民謡を踊る。

 軽妙だ。観るほうもウキウキする。

 真夏の花火大会、盆踊り大会、

 平成生まれの女子はこんなイメージかな。

 派手やかな美しい舞だ。

 なんと言っても、美男美女だ。

 これぞ、整った芸の魅力だろう。




  クライマックスシーンはまさに絢爛豪華だ。

 


 『春花繚乱』フィナーレは、来年につづく。

 観客性から、「すごかった」「綺麗だったわ。美しかった」

 そんな感動と感激の声がまわりからあがる。

 

「カメラマン」トップへ戻る