かつしかPPクラブ

水元公園の素敵な四季、春から初夏へ=郡山利行

 【 花見客も咲かせたような、桜の枝 】

   例年より10日から2週間も遅れて
   満開を迎えた、水元公園の桜。
   
   水元さくら堤に咲く桜は、延長約3kmです。
   桜の枝越しに、公園内芝生広場の
   お花見風景が眺められます。
                        撮影:4月10日


 【 水元公園の花見は、このゆったりさです 】

 日曜日の昼どき、友人・家族・近隣・町会・会社、そして一人でも、あらゆる人たちが広い芝生の好きなところで、ゆったりとした時を過ごしています。花にも、酒にも最高の酔い心地になれます。                                                撮影:4月10日


 【 葉桜トンネル 】

  水元さくら堤沿いは2、3m高くなった遊歩道になっており、歩道の外側が車道になっています。
 2ヶ月ほど前、桜が咲き誇り、華やかでした。いまは静寂な緑の外周道路です。23区とは思えないほど、森のようなやさしさがあります。
           撮影:6月4日


 【 いいか、ザリガニをそっちに追うからな 】

  花菖蒲園の端っこの水路で遊ぶ、親子連れです。ほとんどの場合、お父さんが子どもより必死になります。

           撮影:6月4日

【この親子は何を狙っているのかしら】

獲物に向かって、親子3人が忍び寄っています。
後姿にも、緊張 感が漂っています。

 【 よーし、1匹捕まえたぞ 】

強い陽射しのなかで、この親子は昆虫を求めて木立の間を行き来していました。そして、やっとゲットできました。
  この場においても、少年は主役でも、主人公でもありませんでした。
撮影 : 6月4日

【 親子3人、見事なお昼寝 】

  木陰が日向になっても、まだ熟睡中の親子3人です。気持ち良さそうな、お父さん。かわいい寝姿の、男の子。川の字って、こういうのを云うのですね。

             撮影 : 6月4日

【 中央広場の水辺は、新緑と陽光で、初夏の訪れ 】

  中央広場のせせらぎ広場です。
  6月4日は気温が高く、水も温かったので、子どもたちは付添いの青年の注意にもおかまいなしで、自由に遊んでいました。


            【 新緑だ、食べた、飲んだ、シアワセだ……・・・ 】


  水元公園バーベキュー場は、公益財団法人 東京都公園協会が運営しています。
  6月4日は、90区画のうち85区画が使用され、利用者数は、約1000人でした。

  一人当たり1980円からの標準セットには、食材・調味料・炭火器材・テーブル・椅子・紙皿・割り箸までが用意されています。あらかじめ予約すれば手ぶらで行っても、老若男女が楽しめます。

  春から秋の好天の週末は、きまってバーベキュー広場がにぎわいます。

「かつしかPPクラブ」トップへ戻る