小説家

広テレ!キャンパス 第2期「広島藩から見た幕末史・そして現代」

 広島テレビカルチャーセンターで、第2期(1月~3月)の募集・受付がはじまりました。メインタイトルは「広島藩から見た幕末史・そして現代」で、こんかいは広島藩の有能な人物を取り上げます。

 浅野家の家史「芸藩志」がここ数年で世に知られはじめてから、倒幕の先がけは広島藩だったと認知されてきました。具体的に、だれが、どのように活躍したのか、政治を動かしたのか。
 芸藩志を読み解くには時間がない。しかし、活躍した人物を知りたい。これに応えるものです。

              *

 幕末・維新期の広島藩には、名君と呼ばれた藩主が3代つづきます。薩摩藩の島津斉彬(なりあきら)が死の床で、
こんにち日本の大変化のときに際して、天下のことを託すのは芸藩安芸守・慶熾(よしてる)より他にいない。汝、芸州の藩邸に赴いてこれを告げよ
 と遺言しています。


幕末にはロクな家老がいなかったが、藩をまともに導けたのは辻将曹(広島藩)と岡本半介(彦根藩)だけだった」(勝海舟・氷川清話 )


 明治26年発行「忠勇亀鑑 : 軍人必読」の武勇において戊辰戦争の英雄はたった一人、それは西郷隆盛、板垣退助、大村益次郎でもなく、広島藩の高間省三のみである。かれは21歳にして広島護国神社の筆頭祭神です。他を超越しています。

            *

 明治政府が広島藩を恣意的に歴史から消した。それによって倒幕といえば坂本龍馬、西郷隆盛、大久保利通などの活躍が躍っていますが、それ以上に有能な優れた人物が、広島藩には多々います。
 
 これら幕末史を動かした本物の実力者たちの特徴、活躍、業績を知ることで、真実の歴史がしっかり見えてきます。
 と同時に、広島藩がより身近に感じられます。

 1月16日(水) 「徳川家を終焉させた」
             辻将曹(つじ しょうそう)
             船越洋之助
             池田徳太郎

 2月13日(水) 「燃える神機隊」
             高間省三(たかま しょうぞう)
             川合三十郎
             小林柔吉(じゅうきち)

 3月20日(水) 「名君と呼ばれた藩主」
             浅野 慶熾(あさの よしてる)
             浅野 長訓(あさの ながみち)
             浅野 長勲(あさの ながこと)

【問合せ】

広テレ!キャンパス事務所  ☎ 082-567-8676

 〒732-8575
 広島市東区二葉の里3丁目5番4号 F
 
                       写真提供:山澤直行さん

「小説家」トップへ戻る