登山家

八ヶ岳登山は悪天候でも、快い登攀

 PJニュースの小田光康編集長とふたりで八ヶ岳に登った。
 初日は美濃戸口から雨だった。行者小屋前の小さな広場でテント場を張るときには、強い雨となった。ふたりは赤岳に挑戦。険しい岩稜ルートでは沢登り状態だったが、登頂した。
 登山経験者ふたりがなせる術だと思う。

 

 2日目は、阿弥陀、赤岳、横岳、硫黄岳の縦走をおこない、行者小屋前からテントを撤収し、下山という強行スケジュール。理由は小田さんはPJニュースの出稿作業をおこなうためだった。車中泊である。

 3日目は渋の湯から天狗岳の往復。天狗岳を登っていた(大学生らしい)若者三人から、「速いんだ」と驚きの声が聞こえた。

 雲の切れ間からは眺望を楽しめた。山麓の明治温泉に入り、湯船のなかでストレッチ。明日からの英気になった。次回の登山が愉しみ、という共通認識で帰路に着いた。

関連記事

    小田編集長の記事:「ずいぶん秋らしくなりましたね」(上)

              :「ずいぶん秋らしくなりましたね」(中)

              :「ずいぶん秋らしくなりましたね」(下)


 

「登山家」トップへ戻る