寄稿・みんなの作品

【寄稿・詩集「未完の風景」より】 天上の青=神山暁美 

きりりとねじった蕾を

いつのまにかほどいて

青をひろげる朝顔

心のかたちした葉先が

おとこの眸にゆれる

「しずかな夏だ」

つぶやきながらおとこは

記憶の襞をたたむように

まぶたをとじた



空と海

わずかな色の差で

水平線をたしかめる

ただひとつの敵影も

見逃すわけにはいかない


双眼鏡を手に

おとこは艦橋に起(た)っていた

視界を満たすのは

緊張の青 蒼(あお) 藍(あお)

明日はない

今だけを生きて

空に海に

散っていった者たち


ヘブンリィー・ブルー

『天上の青』と和名をもつ花は

咲ききった昨日いちにちを

しっかりと握りしめたまま

今日の庭を紅に彩っている

『未完の風景』より「天上の青 」PDF・縦書き

「寄稿・みんなの作品」トップへ戻る