かつしかPPクラブ

鹿児島県・町内4小学校、同じ日に、閉校記念運動会(下)=郡山利行


 筆者が3番目に訪問校したのは、吉利小学校である。

 在校の児童から卒業生徒まで、そのうえ地域の人たちが、校庭のトッラクで、輪になって踊る。小雨だから、走路を荒らさないように、芝生内で踊る。

『 さあ踊ろう!≪おはら節・日吉音頭≫』 は、吉利小学校の伝統的なプログラムである。

 参加者全員が、ぴしゃりと踊る光景は、わが目を疑うほどに感動のシーンだった。


 保育園児から大人まで順番に、リレー競走をおこなう。微笑ましく競う。
 
 観客席からは「がんばれー」の声援がかけられる。少人数でも、子供は張り切り、楽しく走る。

 会場全体が華やかであった。

 筆者は、昭和29(1954)年4月、吉利村の隣り村にある日置小学校に入学した。当時の1年ろ組の担任は、大楽(だいらく・現姓:前屋敷)先生である。(写真右端)。

 一家だんらんの席で、筆者は先生の家族たちから、ごちそうになった。

 地域の大人たちによるリレー競技がへ賑やかさを添えている。一升瓶にどれだけ速く、色のついた水を茶碗で一杯にできるかと競うものだ。

 スタッフとして、中学生や高校生が手伝っていた。


 子どもたちの目は、一斉に、競技者に向けられている。ふだんは少人数で静かなグランドのだが、子どもらの声援の熱気が『 最後の運動会 』を盛り上げていた。

 きょうこの場の一コマずつが、人生の糧になっていくはずだろう。

 住吉小学校の校舎の壁いっぱいに飾られた記念メッセージのもとで、全児童が紅白に分かれて綱引き競技をおこなう。

 このシーンをじっと見つめていると、目頭が熱くなってくる。

 プログラムのほとんどの種目が、児童だけで競技された。


「きみたちは、雨の中の運動会で、よくがんばった」
 閉会式の時、校長先生が、頑張り抜いた児童たちを力強い声でほめた。

 来年度からは、日吉小学校として生まれ変わる。そこでもしっかり学んでほしい。

 きょうの「閉校運動会」は決して終わりではない。明日へ希望へむかう礎(いしずえ)です。
 きょうの運動会が、きっと素晴らしい人生の一コマになるだろう。

               文・写真 = 郡山利行

鹿児島県・町内4小学校、同じ日に、閉校記念運動会(上)=郡山利行

 2017(平成29)年9月24日(日)

 鹿児島県日置市(ひおきし)日吉町には、4つの小学校がある。日新小学校、住𠮷小学校、吉利(よしとし)小学校、そして日置小学校である。

 これら4校の運動会が同じ日・同一時間におこわれた。


 来年4月から、この4校は統合される。そして、日置小学校の施設が「日吉小学校」として生まれ変わり、新たな歴史がはじまる。

 日新・住吉・吉利の3校の各小学校にとっては、このたびの運動会が『閉校記念運動会』となってしまう。

 この3校j『閉校記念運動会』は、校区の人たちと合同で行われる。

 日新小学校のグランドには5本の万国旗が飾りられていた。華やかな雰囲気が校庭を包みこんでいた。
 開会式のあとは、ラジオ体操第1の準備運動からである。

 運動会の当日は、あいにく朝からの曇天だった。時間の経過ともに、小雨降り状態となった。そのうえ、終日、降り止むことはなかった。
 
 各校の学校関係者らは、運動会中止の判断など、論外の雰囲気であった。雨模様とグランドのコンディションを見ながら、プログラムはぜんぶ実行に移された。

 となると、各学校のグランド整備の担当者たちにとっては、力の発揮の場、ともに大活躍だった。


 小学3、4年生の短距離走は、少人数なので、3人ずつ3組の競走だった。こころなしか短時間で終了してしまった。

 過疎化の傾向がつよい学校の宿命か。

 参加の児童一人ひとりには、それらはまったく関係なく、この運動会がすべてである。


 前日、筆者の夕方の4校の準備状況の取材をおこななってみた。いずこの学校も、最後の記念運動会は準備は完了していた。心なしか、無人の会場は静まりかえっていた。

 それでも、あしたの運動会への期待感がどことなく張りつめた空気を感じさせた。とくに、2番目の訪問校の住𠮷小学校は、いずこの学校も真似できないだろう、豪華で巨大な杉枝の門ができていた。訊けば、校長先生の手で、児童数28個の梨が飾られていた。

 これには感動させられた。


 当日、4校の小学校にあった学校名のテントは、卒業生の記念品だった。

 数十年間にわたり運動会や催し物で使われてきた。この校名入りのテントはもう使われることは、ないのだろうか。
 
 

 午前9時半ごろ、地域の人たちによる競技がおこなわれた。
 デカパンとデカブラをバトン代わりに、大人の男女が肩を組んで、トラックを半周するリレーだった。

 会場には、朝から笑い声が満ちあふれていた。


 運動会に出席した人たちが、各自治会ごとのテントの下で、家族単位でいっせいに昼食をとった。グランドはとても穏やかな光景だった。

 これも長く続いてきた伝統である。『 最後の運動会 』 だからこそ、趣が強い場面に思えた。

                           【つづく】

               文・写真 = 郡山利行

かつしかPPクラブ・取材旅行(4)=大崎上島・神峰山:郡山利行

 われわれは、最終の目的地である大崎上島にやってきた。

 名峰・神峰山(かんのみね)に登った。

 車でも、山頂近くまで登れる。


 神峰山は伝説の山である。

 神がすむ峰とは、ネーミングではおそらく日本一だろう。



 この山頂から瀬戸内の島々が115島もみえる。

 この数はまさに日本一で、多島美だという。



 眼下に見えるのが、木江(きのえ)港で、造船の町である。

 穂高先生が生まれ育った町である。

 幼いころは、住まいの三方が遊郭(女郎屋)だったと聞かされた。



 山頂の小さな建物は、四国の石鎚山を拝礼する社である。


 眼下は県境であり、目前の島は愛媛県だという 


 来島海峡や来島大橋まで、立体感で一望できる。

 


 ここ3日間は快晴だった。

 海も、島も、青空も、心地よく迎えてくれた。


 鐘つき楼がある。だれが何日なんど鳴らしても、まったく自由らしい。

 山麓の人は、きょうはだれか神峰山に登っているな、と思うらしい。

 除夜の鐘は108回と決まっている。神仏職の方が、108回まで数えてくれる。

「あとは好きにしんさい」
 と言い、元旦まで、島の人は鐘をつきまくっていた、と教えてくれた。



 木江港は、明治から昭和の売春防止法の施行まで、「おちょろ舟」に乗った女郎が、全国の船員らに知られていた。
 
 身売りされた娘たち、幼い少女が亡くなると、お地蔵さんとして祀られていた。

 穂高先生は、「山の日」神峰山大会で、朗読用の短編小説を2本書かれた。毎年続けていくらしい。いずれ「神峰山物語」として出版されるでしょう。


            写真・文 : 郡山利行

かつしかPPクラブ・取材旅行(3)=大崎下島・御手洗:郡山利行

 大崎下島の御手洗港に来ました。この港には幕末史の謎が豊富にあります。

 大坂の豪商の鴻池が、御手洗港に寄進した住吉神社です。

 老中首座・水野忠邦にすら、お金を貸さなかった豪商が、なぜ寄進した?


 幕末には、西の雄藩の船宿が17-8軒ありました。

 北前船、大名行列の船、諸大名家の交易船が寄港していました。
 
 幕末志士たちにとっては、絶好の情報収集の場です。

 ことし(2017年)、「大政奉還150年御手洗大会」(主催・豊町重伝建)が10月14日(土曜日)に、午前10時から開催されます。

 幕末の御手洗を知る好機です。

 穂高先生は、13時半から講演です。地元の主催者の責任者と、大会の打ち合わせをなされていました。
 
 この方は、古い家並みの保存作業中でした。
 

 御手洗は薩摩の密貿易港だと、長く住民に語り継がれてきました。

 この『脇屋』には、二刀を差した薩摩藩士が複数、滞在していたといわれています。

 蘇鉄(そてつ)は、薩摩文化が色濃く漂う港だと証明しています。

 
 文久3年に起きた「八月十八日の変」で、長州藩と七卿が都落ちしていきます。

 この御手洗港の竹原屋に宿泊しています。



「豊町御手洗重要伝統建造物保存地区」です。

 


 御手洗にくると、歴史散策マップがあります。

 これを見ながら、幕末史を訪ねてください。

 この金子邸は、現在、補修中です。

 薩長芸軍事同盟にもとづいて、芸州広島藩と長州藩がこの港で落ちあい、朝敵だった長州藩をいかに徳川家の目をくぐり、挙兵・上洛させるか、とこの金子邸で詳細が打ち合わせされました。これが御手洗条約です。

「大政奉還150年御手洗大会」の日には、一般公開されます。

『明治維新は御手洗から始まった』
 これが早晩、躍り出てくるでしょう。

 江戸時代の末期は、「風待ち・潮待ち」で栄えていました。ちなみに、当時は御手洗航路と呼ばれています。

 この絵で、繁栄ぶりがわかります。

                写真・文=郡山利行

かつしかPPクラブ・取材旅行=岩国・宮島・広島・呉、御手洗、神峰山(2)

 人間は、右手に「平和」という数珠や十字架をもち、左手に「戦争」という武器をもっている。
 区民記者たちと、呉市に入った。呉市にくるたびに、ボクは広島の平和主義に疑問をもってしまう。

 呉軍港をもちながら、平和都市だなんて、よく言うよ。横須賀、呉、佐世保という三大軍港がありながら、『広島平和都市』だなんて恥ずかしい、とすら思う。

 大和ミュージアムの敷地に、大砲の側に『鎮魂』という墓標がある。大砲で死者の霊を鎮めるの? 鎮魂の意味を知っているの。まさに右手に「平和都市」、左手に「大砲」という武器をもっている。

 民が選んだ政府が、国家的に決めた軍港だから、致し方ない。これは認めたにしろ、「大和ミュージアム」などは、広島県知事が建設に反対すれば、「建築確認」など降りなかったはずだとおもう。

 大和ミュージアムは、説明するまでもなく、太平洋戦争で、こんな巨大な軍艦がつくれたんだ、と鼓舞している。展示類は「こんなに強い海軍だった」と、大日本帝国海軍の賛美のテーマで統一されているし、青少年にすら、戦争高揚感を煽(あお)っている。

 少なくとも、戦艦・沈没とともに亡くなった海兵を悼(いた)む施設ではない。

 館内で、区民記者は館内ボランティアの説明を聞いている。

 私のほうは、今年(2017)の広島市の8月6日「平和祈念式典」をTV中継の一場面を思い浮かべていた。
 広島市内の小学生の男女2人が「平和への誓い」を読み上げた。

『こんなの誰が書いたんだ。内実も知らない小学生に、嘘を読ませるなんて、狂気の沙汰だ』と思った。


【原子爆弾が投下される前の広島には、美しい自然がありました。大好きな人の優しい笑顔、温もりがありました。一緒に創るはずだった未来がありました。広島には、当たり前の日常があったのです。昭和20年(1945年)、8月6日午前8時15分、広島の街は焼け野原となりました】

 広島に原爆投下前、呉市は何度も大規模な空襲に襲われていた。広島市民は恐怖に脅えていた。三原も、今治も、松山も、周辺都市は空爆に遭っている。
「広島にはおおきな師団があり、大陸に兵隊を送りだす宇品港があり、おかしい、なぜ攻撃されないのか、もっと不吉なことが起きるぞ」
 庶民の反応は敏感で、不気味な不安のなかにいた。米軍が上空から、広島市民に撤去を求めるビラを撒く。こっそり読んでから、軍人に渡す。口コミで広がる。

 小学生たちは親元から切り離されて、学童疎開がはじまった。これが、【当たり前の日常があった】のか、嘘もいい加減にしろ、と思った。


【大好きな人の優しい笑顔、温もりがありました】
 戦禍に脅える広島市民が、そんな笑顔などあるわけがない。いったい誰がねつ造したのか。親か、教育者か。それとも広島市の職員か。

【未来の人に、戦争の体験は不要です。しかし、戦争の事実を正しく学ぶことは必要です】
 国内外の要人が列席されているまえで、小学生に、事実でない朗読させて事実のようにカムフラージュする。こんな欺瞞が許されるのだろうか、広島市は。

 この小学生らが大人になり、戦前の恐怖の事実を知ったならば、心が痛むだけでなく、強い不信感を持つだろう。ぼくとわたしは利用されたんだ、と。


【まっすぐ世界の人々に届く言葉で、あきらめず、粘り強く伝えていきます】。

 小学生にそう言わせたならば、原爆被害の悲惨さをやたら強調する「被爆者」ということばから脱して、「戦争被害者」という表現に変えることだ。

「被爆者」広島・長崎に限定されてしまう用語では、世界の人びとに届かない。

 ベトナム戦争の「被爆者」とはいわない。イラク戦争の「被爆者」ともいわない。東京空襲、第一次、第二次世界大戦など、すべてにわたり「戦争被害者」なのだ。
 世界に届く用語ならば、広島は原爆による甚大な『戦争被害者』という表現にしないと、普遍性がない。

 いつまでも「被爆者」というカテゴリーに留まろうとするから、小学生に嘘の宣言をさせてしまう。もうやめようよ。毎年、内情も知らない小学生を使った、広島のお涙ちょうだいは。
 広島県は呉軍港をもっている。こんな姿勢を続けていれば、「広島平和都市」の不信感が募るだけだ。過去には反原水爆運動が極左し、分裂し、日本国民からそっぽを向かれてしまった。
 こんどは小学生のフィクションの朗読か、欺瞞か、と批判されたら、広島の信頼感が悲しいかなますます失くしてしまう。

 私には、広島市よりも、呉市のほうが、『戦争と平和の狭間にいる危うい姿』をより深く知ることができる。
「平和って、どんな努力なのか?」と考えさせられる。



 戦争とは国家間(民族間)の対立を武力で解決するものである。平和とは非暴力で解決を導くものである。
 人間はなぜ対立するのか。本能である。本能から予防や防衛という戦いの圧力が生じる。

 人間が進化すれば、戦争(本能)の勝敗によって解決しなくとも、外交交渉(理性)や相互経済・社会協力によって争いを解決することができる。

 平和技術の向上をはかる。戦争暴力の抑止をいかに磨くかである。今日的な課題である。

 こんな議論を区民記者たちとしてみたい。
 

かつしかPPクラブ・取材旅行=岩国・宮島・広島・呉、御手洗、神峰山(1)

8月20日(日)
 集合場所  東京駅・東海道新幹線・ 18番線・1号車附近 出発は7時30分発。

「みな、区民記者だから、好き勝手に乗って下さい」

「おみやげを買う時間はないんですか?」

 車内で、女性陣は2泊3日のタイムスケジュール表をじっとみつめてから、そんな質問をむけてくる。



「取材旅行だから、別に、おみやげは必要ないんじゃないの?」

「それが旅の楽しみです」

 と、いきなり内部クレームが起きる。


 ぼくの取材旅行は、相手先にも、帰りの自宅へも、まったく手ぶらだけれどな……。

 新幹線で、新岩国駅に降りると、いきなり構内タクシーはない。

 どうする?

 待つか、バスか。

 駅員に訊けば、掘っ建て小屋風の処に、タクシー会社の電話が書いてありますよ。

「きょうは日曜日で、その方面には一台もいないんだよね」

 そっけない電話だった。30分またされたあげくの果てに、バスとタクシーがほぼ同タイムできた。

 真夏の川の水遊び。それを取材したいところだが、おみやげが優先で、撮影するだけでパスしてしまう。


 瀬戸内海でも、芸予諸島は満潮・干潮の差がはげしい。ぼくは島育ちだから、当たりまえの光景で、干満などみじんも興味がなかった。

 宮島の鳥居が根元まで露出したり、水に沈んだりしている。

 世界各地からきた人たちにとって、その干満の光景の両方を愉しみたいらしい。

「厳島神社の満ち潮をじっと待っている。この呼吸の長さは、大陸的だね。西欧の考え方だ。日本人はさっさと帰ってしまう」

 男性記者の取材ポイントが定まっていた。

 五重塔で、夕陽が沈むまで、時間つぶしの歴史散策となる。



 東京出身の記者らは、また海岸に行った。そして、白色系の外国人たちを取材している。

 日没後、宮島から連絡船で本州にわたる。宮島口から広島電鉄に乗ると、もはや車窓は宵やみだった。
 

 広島の市電が原爆ドーム前についたのは、夜8時だった。鎮魂よりも、不気味さが周囲にただよう。

 昭和20年8月6日~。ここらの真夜中は、電球がない、地獄絵の場所だった。
 真夜中の孤独感と、焼け焦げた肉体や着衣、ただよう異様な死臭、赤子と両親を失った子どもたちの泣き声がひびく……。

 そんな話をすれば、怖がるから、黙っておいた。黙っているから、戦争の恐怖は風化しつつあるのだけれど。
 それはこの場で語りらずしても、せめてと、写真はフラッシュを焚かず、ぼかして撮っておいた。

 当時の悲惨な爆心地、大田川沿いに延々とつづくバラック建てのむごい情景を知るぼくとしては、ふと幼い子ども同士の会話をおもいだした。

『ピカドンは怖い。戦争したのは、みんな大人の責任だ。戦争をした大人が悪い』

 小学生の頃の、広島っ子はそんなふうに大人を責めていた。幼い同世代が、原爆孤児として、飢えて死んでいくのだから、悪いのは母も父もふくめた戦争加担の大人たちだった。

 現在の考えだが、戦争の恐怖を真に疑似体験しなければ、「平和」、「平和」、「平和都市」と叫んでも、それは念仏とおなじ。上滑りで、本気どまで疑問をおぼえてしまう。
 はたして、言いすぎだろうか。

 ぼくの現在の戦争嫌いは、広島っ子として、幼いごろのトラウマからきている。「大人がこんな惨い戦争をなぜ起こしたのか」と子ども心に、腹が立つだけで、くやしかった。
 こんな戦争国家をだれが、いつ、作ったのか。それがいまやぼくの主要テーマになっている。

 宿舎への道々、記者にそうおしえた。

「きょうは資料館の見学は、初めから予定にいれていないよ。これを機会に、1人で広島にきて。1日中じっくり資料館にこもり、悲惨な情景と向かいあい、脳裏に刻み込み、メモして帰れば、戦争恐怖の疑似体験になるよ」

 記者たちは、みな改めて一人で広島に取材にくると言ってくれた。

区民大学講座の「写真と文章で伝える私のかつしか」2回目講座

 区民大学講座の「写真と文章で伝える私のかつしか」の第2回の講座は、梅雨の晴れ間の暑い日でした。写真の撮り方の復習。そして、記事の書き方として「メモをふくらませる」「気取らない」など、文章を書く上でのポイントを学びました。ぜひ練習して、自分のものにしてください!」(多田) 第2回だよりを作成しました。
 

 感想メモ

・三角法、S字、斜線、曲線の構造は、ことばだけではなく具体的写真で示していただけたら良く分かる。

・文章作成時に説明が少なく間のびした。文章の完成度は低くていいから、簡単にしてほしい。個人的にはパソコンが無く文章を作る事に問題有りです。

・次回の野外実習が楽しみだ。

・くだらぬ質問ばかりしてごめんなさい!大変勉強になりました。

・記事文章の書き方は大変勉強になりました。ブログの文章づくりに参考になりそうです。

・文章作成のコツが分かりました。

・実際に書いてみて更に学びたい。

・自分で記事を書いてみないといけませんね。

・絵を描いているのですが、デッサンから仕上げまで過程が同じであるように感じたので良かった。これからも続けていきたいと考えております。

・エプソンのプリンターではダメですか?エプソンでの方法はないですか?

・取材などは未経験なので難しそうですが、頑張っていきたいです。有難うございました。

・本日は記事の書き方を行う。写真から記事の参考になる項目を20項目程書き出してから、タイトル、サブタイトル、本文を作る。仮のものをまず書いて、写真を選んで再度文章を作る。なかなか難しかった。

・「記事の書き方」の講座。1枚の写真から文章を書いていく過程を丁寧に教えていただきました。今日も大変勉強になりました。

 「写真と文章で伝える私のかつしか」の第2回だより PDFで開けます

区民大学講座の「写真と文章で伝える私のかつしか」は9年目の開催

 かつしか区民大学講座が発足して8年目である。そのなかの一つの講座『プロのジャーナリストが直伝!写真と文章で伝える私のかつしか』がことしも開催されている。同講座は前年(2008年)には、プレー開催が行われているので、9年目になる。

 2017年度の講座は5月21日~10月1日の間に6回実施される。初回の講座内容が、同区教育委員会・生涯学習課によって、第1回だよりとして発行された。

 さまざまなアングルからの撮影方法など、非常に実践的に学ぶことができたのではないでしょうか。受講者参加・体験型の講座になっておりますので1つでも多く技を吸収できるよう、一緒にがんばりましょう!(事務局から)
 
受講生から、「ひとこと感想メモ」が掲載されています。

・短い時間でコンパクトに写真のとり方のこつを学べました。さっそく冊子を作ってみます。
・写真の撮り方、基本を実習出来うれしい。
 プロジェクターの字が見づらいが何とかなりませんか。パソコンの操作手順は2度繰り返して欲しい。メモをとるので。
・撮影会は参考になり、また、おもしろかった。
・これから楽しみに伺いたいと思います。
・パソコンの操作方法が若干わからなかった。
・写真をワードに貼り付けるはこれまでやったことがないので何とかマスター出来るようにしたいです。
・出来れば定時に終えてほしかった。
・大変面白い講座です。文章もワードもあまり得意ではありませんが、この機会に勉強させて頂きます。
 
「写真と文章で伝える私のかつしか」第1回だより PDFで開けます

曳舟、風情ある散歩道 田代 真智子 (3)

曳舟七橋 & 曳舟六橋



       


 4号橋辺りから小さな花が目に入り、春の気配を感じる。



⊿おわりに⊿

 めだかの小道を目的地と定め、歩き続け、冬の終わりを感じながら、始めた旅もいよいよ終盤を迎える。


 田植えを待つ田んぼ


 途中で釣りをしている子供たちや、水のない水路で走り回る犬がいた。ベビーカーを押し、散歩する家族連れ、買い物帰りにを横切公園を歩く老夫婦。ベンチでお弁当を食べるおじいさん。バスを待つ人。自転車で走り抜ける少年たちともすれ違った。


 曳舟川は、今では公園に姿を変え、江戸の頃から現在まで様々な人々の生活を目撃してきたのだ。

 旅人の足休めとして利用された曳舟、寺社に参拝に行く人々の交通手段としての曳舟に風情を感じた歌川広重らの浮世絵師が、葛飾の歴史を後世に伝えてくれたことに感謝し、敬意を表したい。


あとがき
 取材途中で花の名前や鳥の種類などを調べたり、曳舟があった地域や四つ木付近の参拝する神社やお寺にも興味を持った。

 だが、それらは専門書などで見ることができるので、この日、私の目に映った風景の記録としてまとめてみた。

 
 取材/撮影 : 田代 真智子 平成29年3月19日(日)


 参考図書:「葛西用水」曳舟川をさぐる 発行 葛飾区郷土と天文の博物館 (2001年7月5日)
             

※ 浮世絵師 歌川広重の本名、安藤重衛門。広重は号である。かつて安藤広重と表記されていたが、本人も号と本名を合わせて名乗ったことはない。

曳舟、風情ある散歩道 田代 真智子 (2)

⊿時代の流れ⊿

 途中、曳舟川親水公園を左に見てお花茶屋の踏切を渡ると、曳舟川の存在を忘れてしまいそうな風景になるのだが、川は、まだまだ続いていく。


 川の水も澄んできて、野鳥の姿が増えてきた。


 この先は、自然再生区域として水辺の小さな生物が生育しているのだという。


⊿親水公園で出会った野鳥たち⊿


⊿この日、公園に咲いていた草花⊿


                   【つづく】