かつしかPPクラブ

鹿児島県・町内4小学校、同じ日に、閉校記念運動会(下)=郡山利行


 筆者が3番目に訪問校したのは、吉利小学校である。

 在校の児童から卒業生徒まで、そのうえ地域の人たちが、校庭のトッラクで、輪になって踊る。小雨だから、走路を荒らさないように、芝生内で踊る。

『 さあ踊ろう!≪おはら節・日吉音頭≫』 は、吉利小学校の伝統的なプログラムである。

 参加者全員が、ぴしゃりと踊る光景は、わが目を疑うほどに感動のシーンだった。


 保育園児から大人まで順番に、リレー競走をおこなう。微笑ましく競う。
 
 観客席からは「がんばれー」の声援がかけられる。少人数でも、子供は張り切り、楽しく走る。

 会場全体が華やかであった。

 筆者は、昭和29(1954)年4月、吉利村の隣り村にある日置小学校に入学した。当時の1年ろ組の担任は、大楽(だいらく・現姓:前屋敷)先生である。(写真右端)。

 一家だんらんの席で、筆者は先生の家族たちから、ごちそうになった。

 地域の大人たちによるリレー競技がへ賑やかさを添えている。一升瓶にどれだけ速く、色のついた水を茶碗で一杯にできるかと競うものだ。

 スタッフとして、中学生や高校生が手伝っていた。


 子どもたちの目は、一斉に、競技者に向けられている。ふだんは少人数で静かなグランドのだが、子どもらの声援の熱気が『 最後の運動会 』を盛り上げていた。

 きょうこの場の一コマずつが、人生の糧になっていくはずだろう。

 住吉小学校の校舎の壁いっぱいに飾られた記念メッセージのもとで、全児童が紅白に分かれて綱引き競技をおこなう。

 このシーンをじっと見つめていると、目頭が熱くなってくる。

 プログラムのほとんどの種目が、児童だけで競技された。


「きみたちは、雨の中の運動会で、よくがんばった」
 閉会式の時、校長先生が、頑張り抜いた児童たちを力強い声でほめた。

 来年度からは、日吉小学校として生まれ変わる。そこでもしっかり学んでほしい。

 きょうの「閉校運動会」は決して終わりではない。明日へ希望へむかう礎(いしずえ)です。
 きょうの運動会が、きっと素晴らしい人生の一コマになるだろう。

               文・写真 = 郡山利行

「かつしかPPクラブ」トップへ戻る