小説家

『良書・紹介』 「漱石センセと私」=出久根達郎

 出久根達郎著「漱石センセと私」(潮出版社:本体1500円)が6月20に出版された。このタイトルの『私』とはだれか。先入観からいえば、妻なのかな? と思いきや違っていた。

 書き出しは四国・松山にすむ「より江」なる少女で、尋常小学校一年生である。ここに独身時代の夏目漱石が下宿していた。と同時に、正岡子規も下宿していた。子規が部屋で句会を催すが、うるさくてたまらない。より江は文学環境の下で育った。
 どうも、この少女が主人公の『私』らしい。

 黒猫が登場してくる。漱石の名作「吾輩は猫」から、創作エピソードかと思いきや、そうでもない。
 幼い少女・より江と漱石への淡いラブ・ロマンスかなと思いきや、漱石が見合いで鏡子なる女性と結婚してしまう。見合いのエピソードなどはユーモラスに描かれている。
 おおきな体形の黒猫が折々に登場する。夏目漱石著「吾輩は猫である」のネタ証しかな、と思いきやちがっていた。作品の流れの予想が狂う。小説技法でいえば、「底が割れていない」求心力が発揮される。

 松山の少女が、祖父と熊本に行き、かつての下宿人の夏目漱石に会いに行く。そして、鏡子夫人と対面する。

 一般に、漱石の妻は自殺を図ったり、精神が不安定だったり、悪妻だと決めつけられている。しかし、出久根さんは温かい目で、より江「私」からみた鏡子夫人を優しい良き女性として丹念に描いている。つまり、鏡子夫人は悪妻という通説をくつがえしている。
 それが作者の狙いであり、作品の趣旨だろう。

 より江が熊本で、急病になった祖父とのからみで、一高・帝国大学医学部の「ドクトル猪之吉」なる久保猪之吉(いのきち)と知合う。そして、熊本城をともに見学する。西南戦争、明治熊本地震(明治22年7月29日)などの語りが出てくる。

 ふたりの恋は次第に成長していく。見合い結婚が当たり前の時代に、松山と東京という遠距離交際が文通で展開する。どんな文通なのか。
 猪之吉が学んだ一高の国語恩師が、国語辞典の編さんに取り組んでいる。そこで、猪之吉がよし江にことばを拾い集める役を頼む。「日常生活のなかで、変わった言葉、妙な言葉、どういう意味だろう」と疑問に思ったことばなどを拾い集める、そして手紙で送る。国語辞典の完成まで、ふたりの長い交際の源になっていく。なるほど、とおもう。
 読者としては、国語辞典をつくるプロセスを知り得るものだ。

 より江は猪之吉への想いから東京への進学をめざす。夏目センセの奥さま(鏡子夫人)から、「合格祈願」の二十社の朱印が捺された集印帳が送られてくる。松山の特産の竹細工を贈る。この交流からも、鏡子夫人の日常生活や身辺が克明に描かれていく。

 古本屋が懇意の夏目漱石の書物の好みを教えない。それは権力者が思想調査をしているから、情報提供になってしまう。
 栗木は枕木になる、堅くて腐らないから艪の材料になる、栗飯ご飯はイガから炊き上がるまで手間がかかる、という知識の習得が多々、作中で、展開されている。

『吾輩は猫である』のなかで、より江が雪江で登場する。「もっとも顔は名前ほどではない」とセンセはあんまりである。「ちょっと表に出て一二町あるけば、かならず逢える人相である」と作中で明かしている。

 小説家は、登場人物に特徴をもたせるので、やや強い癖をつける傾向がある。わが女房を悪妻にする。鏡子夫人の悪妻説は、おおかた、そんなところからだろう。
 小説家の妻とか、友人とか、モデルにされると、コケにされるから、要注意かもしれない。

 出久根さんが作中の随所で、夏目漱石の作品、経歴に関する解説を述べている。漱石大好き人間、漱石研究者には必須の書である。

 エピローグでは、当時の文壇事情を知れるので、幅広く知識が得られるので、お勧めである。

 目次を紹介しておくと、下記の通りである。

 第1章 いっぷり

 第2章 大人

 第3章 ヨとヲ

 第4章 求婚

 第5章 いとしのより江ンジェル

 エピローグ

 

「小説家」トップへ戻る