寄稿・みんなの作品

【詩集・寄稿】 クリムトのような抱擁 = 望月苑巳


ひらひら舞いながら落ちてくる

花びらが宙でむつみあう

やわらかな抱擁を繰り返す

ぼくがもう忘れてしまったかたちのきみ

とろけるような優しさで


クリムトはおもむろに筆をとり、キャンバスの中にムートンのような愛をねっとりと厚塗りした。子供は産みたくないと、ダダをこねていた女は情人に心を裏返されてあっけなく陥ちた。そんなはずじゃなかったと悔やんでみても後の祭り。船は次の港を目指して出航する。その日、地球は悲しいくらい隅々まで晴れ渡っていた。


あの日、木の下で孤独を振り払い

ぼくを抱擁したきみがいる

「ひとりでは抱き合えないのよ」と

白い歯をこぼして

はらはらと、はらはらと

甘くささやいたきみがいる


クリムトは金魚鉢の水がこぼれたら足してあげるだろう。猫のしっぽを踏んでしまったら頭を撫でながら許しを請うし、地球は平らだと主張する奴がいたら頬をひっぱたくだろう。それが良識(コモンセンス)というものだ。振り返ってみれば傷つけあった日々の方が愛おしく感じられるように、絵の具は残酷な色を使う。それも二重螺旋の良識。クリムトのみだらな良識。みだらな抱擁。


悲しみを心の内側にこぼしてしまった日に限って

弦楽四重奏は哲学的な対話をしながら満ちるのに

音楽が凍りついてしまうのはなぜなのか

そんな日に限って

銀河と銀河の渦巻きが抱き合って

ぼくときみが生まれたりする


クリムトのような抱擁 PDF


【作品 情報】


詩集 クリムトのような抱擁


2018年10月25日発行


著者 望月苑巳 (もちづき そのみ)


発行所 七月堂


〒156-0042
東京都世田谷区松原2-26-6


☎ 03-3325-5717

FAX 03-3325-5731

「寄稿・みんなの作品」トップへ戻る